ポケモンコマスターで活躍されている日本人トップランカーのデッキから学ばせてもらうコーナー第4回目となります。

 

なお、このコーナーのコンセプトについては、第1回目で紹介しておりますので、興味がある方はご覧ください▼

【ポケコマ考察】第1回トップランカーのデッキから学ぶ

 

スポンサーリンク

第4回トップランカーのデッキから学ぶ~フリーザーを最大限に活かす~

※このデッキ構成は2017年5月18日に確認したものであり、現在は調整や修正されている可能性があります。

 

今回、紹介したいトップランカーは、『ピカチュウ』さんです。

 

レーティングは3200代となります。

 

フィギュア

レシラム

ゼクロム

テラキオン

フリーザー

ホウオウ

ミュウ

プレート

げんきのかたまり

ダブルチャンス

オーバードライブ

ハードルジャンプ

注目ポイント

特性『ひしょう』を封じるためには、こちらも『ひしょう』ができるサンダーファイヤー、フリーザーを入れる必要があります。

 

そして、トップランカーに人気なのはサンダーとなります。

 

何故なら、100ダメージの金ワザを安定して出すことができるからです。

 

もしくは、110ダメージの白ワザを持つファイヤーを組み合わせる方もいるでしょう。

 

ただ、フリーザーを採用している方は少ないです。

 

理由は『コールドクラッシュ90』の威力です。

 

これだと、対戦相手がサンダーやファイヤーの時、ブロックし続けることは困難となります。

 

なので、フリーザーを使う方は必然的に少なくなっていました。

 

しかし、『こおり』状態を確定で引き起こすことができるので、魅力がないわけではありません。

 

フリーザーを採用したこの方は、そこに目をつけたのです。

 

では、どのようなデッキなら、フリーザーの魅力を最大限に引き出すことができるのでしょうか?

 

答えは、レシラムとゼクロムを中心としたデッキです。

 

レシラムとゼクロムを採用する最大のメリットは、なんといってもデュエル除外が可能な『クロスサンダー70』『クロスフレイム70』がある点です。

 

ただ、この威力だと高火力アタッカーを倒すことができず、デオキシスデッキのような型だとうまく決まらないことが多いです。

 

では、この問題を解決するのは『オーバードライブ』だけなのでしょうか?

 

いえ、答えは『こおり』漬けのポケモンを破壊すればいいのです。

 

長期戦を強いられるコマスターでは、ベンチに戻ると効果が切れてしまう『オーバードライブ』だけでは、やはり安定した作戦とはいえません。

 

しかし、フリーザーの『アイスチャージ★★』はワザなので、何度でも挑戦することが可能です。

 

この組み合わせなら、相手は何度もデュエル除外の恐怖を味わうことになるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ポケモンの組み合わせ次第では、影に隠れがちなポケモンも活躍させることができます。

 

フリーザーもまた、相手のデッキを破壊する可能性を秘めた最強枠ということですね。

 

今回は『ピカチュウ』さんのデッキを通して、フリーザーの活用術を学ぶことができました。

 

ぜひ、今後もコマスターをプレイし続けて欲しいトップランカーですね。

 

関連記事

テッカニンデッキがウェイトの大火を駆ける!ポケコマの次世代の強者となるか?

はがねデッキの評価が高い!どくどくの状態異常も無効の高火力デッキ

くさデッキ、どくデッキ、ゴーストデッキ、現環境で有利なのは?

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク