ポケモンコマスターで使用するフィギュア『ホウオウ』についての攻略記事です。

 

『ホウオウ』の能力、評価、対策を紹介します。

スポンサーリンク

ホウオウの能力

ID

42

タイプ

ほのお、ひこう

特性

てんのひかり
自分が『きぜつ』したら、自分のP.C.のポケモンはベンチに移動する。(この特性を持ったポケモンを除く)

レア度

EX

MP

2

マテリアル

4000

入手方法

トレボ

ルーレットのピース

かぜおこし 50
大きさ 32
だいもんじ 100
大きさ 28
レインボーウィング ★★★
大きさ 24
このポケモンは、2歩離れた場所へ移動する。
ミス
大きさ 12

スポンサーリンク

ホウオウの評価や特徴

ルギアと対になるポケモン。

 

そのピースも酷似しており、最強の紫ワザ★★★を持っています。

 

『レインボーウィング』は、2歩離れた場所に移動できる紫ワザです。

 

最近は移動できるワザが多くなりましたが、ホウオウの『レインボーウィング』は別格です。

 

ワザの効果だけでなく、MP2なので、最高4マス進むことができるのです。

 

MP1が移動できる紫ワザとは、意味も格もまったく違う最高の紫ワザとなります。

 

更に、特性『てんのひかり』が発動すると、『きぜつ』時にポケモンセンターの味方ポケモン全てがベンチに移動します。

 

つまり、後半戦のバトルでは、5体4という有利な状態を作り出すことができるのです。

 

相性の良いプレート

やはり、『かぜおこし』が安定しないピースなので、大事な場面では『プラスパワー』を使用していきましょう。

 

ホウオウの対策

しっかりと対策をしておかないと、早々にゴールを決められる可能性がある厄介なフィギュアです。

 

もっとも面積の小さいピースが『レインボーウィング』なので、『まひ』を与えることができれば、ホウオウを無力化したも同然です。

 

金ワザで返り討ちを狙うのも良いですが、白ワザの面積のほうが大きいので、レックウザの『しんそく』ぐらいでなければ難しいケースが多くなるでしょう。

 

それなら、威力100以上で攻撃できるようにダメージを調整してバトルしたほうが、よっぽど効率よく倒すことができます。

 

フィギュアを余分に動かせるなら、ホウオウのブロックポケモンを2重にしておきましょう。

 

こうすることで、『レインボーウィング』を封じることができます。

 

ホウオウを倒すのではなく、封じるのには理由があります。

 

倒してしまうと、特性『てんのひかり』で相手のポケモンセンターからポケモンが出てきてしまいます。

 

後半戦だと2体入っているため、同時に開放されると不利になるのです。

 

フィギュア一覧に戻る

プレート一覧に戻る

フィギュアランキング

スポンサーリンク