ORASのポケモンバトル動画、第5弾となります。

 

今回は、2016インターナショナルチャレンジJanuaryとジョウトオープンの大会動画です。

 

対戦形式は、Januaryがダブル、ジョウトオープンがシングルバトルとなります。

 

スポンサーリンク

ORAS ポケモンバトル動画 #21 ~ゲンシカイキに依存しないパーティ~の内容

ディアルガ、パルキア、メガガルーラ、モロバレルというパーティ構成です。

 

現環境において、もっとも威力が高い伝説は『グラードン』と『カイオーガ』のゲンシカイキ状態です。

 

これぞれの種族値が高いだけでなく、特性で変わる天候が各々の得意タイプ技のダメージを2倍にすることができるからです。

 

その常識にとらわれず、ディアルガとパルキアの第4世代タックとの対戦となりました。

 

ポケモン動画

ポケモンバトル動画 #21 ~ゲンシカイキに依存しないパーティ~

 

ORAS ポケモンバトル動画 #22 ~Vの個体値がもたらす恩恵~の内容

対戦ポケモンは、ゼルネアス、マニューラ、ランドロス、レックウザでした。

 

ポケモンバトルに挑むのなら、やはり厳選とは避けては通れない試練だと思います。

 

野生のポケモンならまだしも、それが伝説のポケモンなら長く厳しい厳選を強いられます。

 

途中で挫折し、Vよりも低い数値で満足するのが普通だと思います。

 

その違いは1ケタ。それほど違いはありません。

 

しかし、対人戦のバトルを繰り返すうち、その違いが決定的な勝敗を分ける瞬間があります。

 

ポケモン動画

ORAS ポケモンバトル動画 #22 ~Vの個体値がもたらす恩恵~

 

ORAS ポケモンバトル動画 #23 ジョウトオープン~ポケモンスクラップ3連鳥~の内容

サンダー、ファイヤー、フリーザーのパーティでした。

 

出るたびに発動するはずの特性『プレッシャー』が表示されないことから、この3匹がポケモンスクラップで受け取ることができるポケモンであることに気づきました。

 

ポケモンスクラップで受け取れるポケモンは全てレベル100であり、すぐにバトルでも活躍させることができる状態です。

 

こういう配慮も、キャンペーンの特典としては嬉しいポイントだと感じました。

 

ポケモン動画

ORAS ポケモンバトル動画 #23 ジョウトオープン~ポケモンスクラップ3連鳥~

スポンサーリンク

ORAS ポケモンバトル動画 #24 ジョウトオープン~パルシェンのからをやぶる~の内容

対戦ポケモンは、リザードン、ジバコイル、ピカチュウです。

 

バトル形式によって、戦いやすい環境というものがポケモンそれぞれにあります。

 

パルシェンは、シングルバトルだと絶大な力を発揮します。

 

その耐久力の高さで1撃を耐えた後、『からをやぶる』で『こうげき』と『すばやさ』を上げるのです。

 

『ぼうぎょ』と『とくぼう』が下がるデメリットはありますが、圧倒的パワーでねじ伏せることが可能です。

 

1番良い点は、先出しでも後出しでも高確率で成功するところです。

 

ORAS ポケモンバトル動画 #24 ジョウトオープン~パルシェンのからをやぶる~

 

ORAS ポケモンバトル動画 #25 ジョウトオープン~エアームドのシングルでの使い方~の内容

ゲンガー、ランターン、バンギラスとパーティでした。

 

シングルバトルは、HP回復の技が機能しやすいバトル形式と言えるでしょう。

 

エアームドは『はねやすめ』をすることで、HPを回復することができます。

 

『はねやすめ』の良いところは、タイプである『ひこう』が効果中は消えるという点です。

 

これにより、弱点を隠すこともできます。

 

ポケモン動画

ORAS ポケモンバトル動画 #25 ジョウトオープン~エアームドのシングルでの使い方~

ORAS ポケモンバトル動画 #1~5(WCS2016予選)

ORAS ポケモンバトル動画 #6~10(WCS2016予選&2016January)

ORAS ポケモンバトル動画 #11~15(2016January)

ORAS ポケモンバトル動画 #16~20(2016January)

スポンサーリンク