ポケモンコマスターで活躍されている日本人トップランカーのデッキから学ばせてもらうコーナー第7回目となります。

 

なお、このコーナーのコンセプトについては、第1回目で紹介しておりますので、興味がある方はご覧ください▼

【ポケコマ考察】第1回トップランカーのデッキから学ぶ

 

スポンサーリンク

第7回トップランカーのデッキから学ぶ~スピードフォルムの仕事~

※このデッキ構成は2017年6月1日に確認したものであり、現在は調整や修正されている可能性があります。

 

今回、紹介したいトップランカーは、『パーカー』さんです。

 

レーティングは3100代となります。

フィギュア

ゲッコウガ

サンダー

ホウオウ

ディアルガ

デオキシススピードフォルム

ミュウ

プレート

プラスパワー

プラスパワー

ダブルチャンス

ダブルチャンス

ハードルジャンプ

注目ポイント

このデッキの注目ポイントは、デオキシススピードフォルムを単体で入れていることです。

 

デオキシスデッキではない場合、通常はアタックフォルムを採用します。

 

何故なら、単体でも高火力アタッカーであり、フィールドに居座るだけで通路を妨害することができるからです。

 

しかし、スピードフォルムはそれ以上に仕事をしてくれる場合があります。

 

スピードフォルムの魅力は、なんといってもMP4という移動力です。

 

これは、次のターンにゴールを狙うことができる移動力となります。

 

つまり、スピードフォルムは先攻後攻に関係なく出撃したら、相手にゴールを守らせることができます。

 

それは結果的に、片方のエントリーポイントを潰せることに繋がります

 

序盤から有利なバトルに運ぶことができるわけです。

 

この方の場合、ミュウやゲッコウガといった金ワザ持ちのMP3を採用しており、『ハードルジャンプ』を駆使して、もう片方のエントリーポイントを潰す戦略なのでしょう。

 

序盤から相手の動きを封じることで、実力を出させないうちに倒すことができるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

確かに、デオキシススピードフォルムは打たれ弱いです。

 

しかし、金ワザを持っているため、僅かな勝機を引き寄せることもできます。

 

無理にエントリーポイントから排除しようものなら、相手の1ターンを無駄にさせることも可能なのです。

 

今回は『パーカー』さんのデッキを通して、デオキシススピードフォルムの運用方法を学ぶことができました。

 

ぜひ、今後もコマスターをプレイし続けて欲しいトップランカーですね。

 

関連記事

ジュペッタデッキは相手に嫌われる可能性あり?のろいマーカーを配布して強制除外

サザンドラデッキはモノズの数だけ弱体化?適切なデッキ構築を解説

かくとうデッキはフュージョン次第?マッスルエナジーで無限にダメージ強化

テッカニンデッキがウェイトの大火を駆ける!ポケコマの次世代の強者となるか?

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク