以前からサザンドラの『みんなでおそう』は注目されていました。

 

そして、今回の修正により、サザンドラデッキも実用性を帯びてきたといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

サザンドラデッキはモノズの数だけ弱体化?適切なデッキ構築を解説

サザンドラは、紫ワザ『りゅうせいぐん★』が魅力的なポケモンです。

 

しかし、白ワザの威力が弱い構成となっています。

 

そこで、特性『みんなでおそう』を発動することにより、ダメージをアップさせていきます。

 

その条件とは、フィールドにいるモノズジヘッドサザンドラの数となります。

 

つまり、進化前の数が多ければ多いほど、サザンドラ1体分のダメージはアップしていくのです。

 

では、サザンドラ×3体、ジヘッド×3体が最高の組み合わせでしょうか?

 

残念ながら、答えはNOです。

 

サザンドラはMP1なので、進化でスピードを強化してこそ、スムーズな侵略が可能となるのです。

 

では、進化するジヘッド×3体、モノズ×3体が最高の組み合わせでしょうか?

 

残念ながら、これはさっきよりも酷いデッキとなります。

 

確かに、このデッキならジヘッドが強化されて進化しやすいですし、進化後のサザンドラは強力なポケモンに生まれ変わります。

 

ただし、モノズは仲間が何匹いようと能力は変わりません。特性をもっていないからです。

 

なので、モノズは簡単に倒されてしまいます。

 

モノズが倒れてしまうと、サザンドラはダメージが下がっていきます。

 

つまり、ダメージの上がりが悪いサザンドラ3体で、相手デッキを抑える構図となるのです。

 

これは、バトルに勝てる雰囲気ではありません。(『りゅうせいぐん』が運よく必中なら話は別です)

 

なので、サザンドラを含む類似ポケモンは多くても3体までとなります

 

スタンダードなのは、サザンドラに進化するジヘッド2体、サザンドラに進化するモノズ1体です。

 

モノズではなく、そのままサザンドラを入れても良いでしょう。

 

スポンサーリンク

サザンドラデッキの運用方法

サザンドラデッキは、強力な白ワザでねじ伏せていくスタイルではありません。

 

『かえんほうしゃ50』の『やけど』で、徐々に戦力を削っていく戦い方となります。

 

相手が『ミス』を出してくれたら、『りゅうせいぐん★』も決まりやすくなります。

 

もちろん、進化していれば、更に『りゅうせいぐん★』の優先度が上がって当てやすくなります。

 

これだけ見ると、『やけど』は万能な状態異常に見えます。

 

しかし、『やけど』の効果が受けづらい相手ポケモンを意識する必要もあるのです。

 

例えば、デオキシスアタックフォルムですね。

 

なので、サザンドラ以外の味方ポケモンは、そういった相手ポケモンを抑えられるものを選びます。

 

ミュウビリジオンが適任ですね。

 

例えワザの威力が弱くても、『やけど』のおかげで勝率を上げることが可能だからです。

 

あとは、特性『ひしょう』を意識して、サンダーあたりを加えておくとバランスが良くなります。

 

あとはお好みで工夫し、最強のサザンドラデッキを構築してみてください。

 

それこそ、『フレイムエナジー』を入れると面白いかもしれません。

 

関連記事

かくとうデッキはフュージョン次第?マッスルエナジーで無限にダメージ強化

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク