ポケモンコマスターで使用するフィギュア『ビリジオン』についての攻略記事です。

 

『ビリジオン』の能力、評価、対策、入手方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

ビリジオンの能力

ID

318

タイプ

くさ、かくとう

特性

ステップワーク
フィールドでは、『ひこう』ポケモン以外のポケモンを飛び越えてMP移動してよい。

レア度

EX

MP

2

マテリアル

4000

入手方法

タイムトレボ

進化経路

なし

ルーレットのピース

くさむすび※ 40
大きさ 24
※バトル相手の出したワザのダメージが120以上なら、このポケモンは気絶せずにバトル相手を気絶させる。
せいぎのつるぎ 101
大きさ 36
タイフーンスラッシュ ★★
大きさ 28
このポケモンとバトル相手の場所を入れ替えてよい。
ミス
大きさ 8

スポンサーリンク

ビリジオンの評価や特徴

ランクルスデオキシスアタックフォルムのストッパーが、ついに登場です。

 

ビリジオンは『くさむすび40』の白ワザにより、120ダメージ以上なら相手を気絶させることが可能です。

 

これは露骨なまでに、ランクルスとデオキシスアタックフォルムを意識した白ワザとなります。

 

しかも、威力が弱いおかげで、ミュウの『ハイパーソニック30』を突き破ることができる点も嬉しいです。

 

おまけに、『せいぎのつるぎ101』は、高火力アタッカーの上位に位置するダメージであり、プレートなしでは倒される心配が少ないことも優秀です。

 

にも関わらず、『タイフーンスラッシュ★★』はバトル相手と場所を入れ替えることができます。(ゴールキーパーに効果的)

 

ダメ押しのように、特性『ステップワーク』のおかげで、『ひこう』ポケモン以外はすり抜けて移動できるため、ビリジオンの進行を阻止しづらいです。

 

まさに、新世代の最強枠の誕生といえるでしょう。

 

オススメ拡張ピース

レベルアップによる拡張ピースは『せいぎのつるぎ101』がオススメです。

 

『くさむすび40』は、高火力アタッカー以外にはデメリットとなるので、『せいぎのつるぎ101』の発動確率を上げておく必要があります。

 

オススメフュージョン

フュージョンで強化するダメージワザは『せいぎのつるぎ101』がオススメです。

 

『せいぎのつるぎ101』をMAXに強化しておけば、100ダメージのワザをフル強化されても倒されることはなくなります。

 

ビリジオンの対策

ビリジオンは強いうえに、すり抜けの特性も秘めており、大変危険なポケモンです。

 

『ひこう』ポケモンでのブロックは欠かせないです。

 

ただ、ビリジオンは弱点があります。

 

それは、『くさむすび40』の白ワザです。

 

110ダメージ以下なら、『くさむすび40』は単なる低火力ワザに変貌します。

 

ただし、攻撃を仕掛けて『タイフーンスラッシュ★★』をされるのはマズいので、後ろに護衛ポケモンは必要となりそうです。

 

フィギュア一覧に戻る

プレート一覧に戻る

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク