2018年も今日で終わりです。

 

ポケモンコマスター2018年の出来事を振り返ります。

 

スポンサーリンク

ウルトラスペースの概念が追加

ウルトラビーストが登場し、ウルトラスペースを使った戦術が登場したのも2018年となります。

 

ウツロイドに苦手意識があるユーザーは、今でも多いはずです。

 

3月にはテッカグヤが実装され、ウルトラビーストデッキは更に人気となりました。

 

ただ、現在はウルトラビーストデッキを見かけることは少なくなっています。

 

マイティースフィアの包囲戦術

マイティースフィア』が注目されたのも、この年でした。

 

フェローチェケルディオなど、MPが高い『かくとう』タイプで包囲する戦術は非常に効果的です。

 

当初、自軍のポケモンセンターに拘束できるのはメガリザードンYぐらいでしたが、現在はメジャーな戦術になりつつあります。

 

AIチケットが売れるようになる

個人的には、2018年で最もありがたいアップデートでした。

 

AIチケットが売れるようになったため、インフォメーションでのストレスが解消されました。

 

Lobi杯の開催

Lobi杯は、コマスターの中では規模のでかい大会といえるかもしれませんね。

 

コマスターの有名プレイヤーが多く参加したことでも話題となりました。

 

ちなみに、ベスト4はこちらで紹介しています▼

ポケモンコマスターLobi杯ベスト4のデッキを紹介

 

メガシンカプレートの廃止

環境を大きく変えた出来事といえば、やはりメガシンカプレートの廃止ですね。

 

これにより、他のプレートが多く入れられるようになり、戦術の幅が広がりました。

 

それと同時に、メガシンカできるポケモンが有利な環境となりつつあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

他にも、色々なことがありましたね。

 

エープリルフールネタとして、カルロのフィギュアが登場したのも2018年です。

 

オノノクスメガルカリオ、ゲンシカイキ……。こういったフィギュアも実装されていますね。

 

2019年には、どんなフィギュアやイベントが行われるのでしょうか。期待したいところです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク