ポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンでライチュウが登場します。

 

もちろん、通常のライチュウではなくリージョンフォームした姿です。

 

スポンサーリンク

リージョンフォームの概念

自然豊かなアローラ地方では、ポケモンたちが他の地方とは違う独自の姿へと変化させています。

 

その理由は、アローラの環境に適応するためでした。

 

雪山で生活をしていたロコンは『こおり』タイプに、強い日差しを浴びて育ったナッシーは『くさ』『ドラゴン』タイプとなりました。

 

このように、姿だけでなくタイプも変わるのがリージョンフォームの特徴です。

 

ライチュウのデータ

分類

ねずみポケモン

タイプ

でんき、エスパー

高さ

0.7m

重さ

21.0kg

特性

サーフテール(『エレキフィールド』時、『すばやさ』が2倍になる)

進化経路

ピカチュウ→ライチュウ(アローラ地方で進化させると、リージョンフォームする)

紹介文

アローラ地方のライチュウは、でんき・エスパー2つのタイプを持ち、サイコパワーを操る力を持っている。

 

サイコパワーを尻尾に集中し、尻尾に乗って浮遊することもできる。

 

ライチュウの頬には電気袋があり、その電気袋を揉むと甘い香りが出てくる。

 

メカニズムは解明されていないが、サイコパワーに関係があると考えられている。

 

アローラ地方のライチュウが姿を変えた理由は、研究者にもわかっていない。

 

アローラ地方の人々は、「丸くてふわふわなパンケーキを食べたからじゃない?」と特に気にしていない。

 

スポンサーリンク

ライチュウの評価

ライチュウも、アローラ地方で独自の姿へと変化しています。

 

耳や尻尾が丸くなり、目が青くなっています。

 

そして、注目が『エスパー』タイプの追加です。

 

尻尾をサーフボードのように扱い、浮遊しています。

 

もちろん、『サイコキネシス』は使用可能でした。

 

『サイドチェンジ』や『じこさいせい』まで覚えると、ライチュウの需要が高まるかもしれません。

 

特性『サーフテール』は、『エレキフィールド』時に『すばやさ』が2倍になります。

 

カプ・コケコの『エレキ・メイカー』と組み合わせれば、最速のライチュウが誕生するでしょう。

 

専用Zワザ『ライトニングサーフライド』

一度だけ使うことができる強力な『Zワザ』ですが、ライチュウは専用のZワザ『ライトニングサーフライド』が存在します。

 

『スパーキングギガボルト』と何が違うのかは、まだ紹介されていませんが、『でんき』技であることは確かのようです。

 

攻撃優先度の高いワザだった場合、ライチュウの注目度は一気に上がることでしょう。

 

サンムーンの新ポケモン一覧に戻る

スポンサーリンク