2016年8月1日にポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンの最新情報が公開されました。

 

新ポケモン『サンド』が初登場です。

 

今までの『サンド』ではなく、『リージョンフォーム』した状態となります。

 

スポンサーリンク

『サンド』のデータ

分類

ねずみポケモン

タイプ

こおり、はがね

高さ

0.7m

重さ

40.0kg

特性

ゆきがくれ(『あられ』の時、相手の命中率を0.8倍にする。また、『あられ』ダメージを受けない)

進化経路

サンド(アローラ地方では、リージョンフォームした状態で捕まえられる)→サンドパン

生態

サンドは、もともと砂漠地帯に住んでいた。

 

しかし、付近にあった火山の度重なる噴火により、砂漠を離れ、雪山に移り住み、今の姿に変化した。

 

雪山の過酷な環境に適応し、体が変化した。堅い鋼のような皮膚の上に、氷の外殻をまとっている。

 

防御に優れる一方柔軟性には欠け、これまでに発見されていたサンドのように体を丸めることはできない。

 

体重が重くなり、これまでに発見されていたサンドよりも動きは遅くなったが、手足の爪で氷上を滑らず移動できる。

 

すばやく移動するときは、腹を使ってカーリングのストーンのように滑る。

 

スポンサーリンク

『サンド』の評価

『こおり』『はがね』とタイプが変更されたポケモン。

 

この組み合わせは、少々危険が伴います。

 

『ほのお』と『かくとう』の技が4倍となり、とんでもなく弱点が多いタイプなのです。

 

これを補う技や種族値がなければ、サンドの需要は増えないかもしれません。

 

関連記事

サンムーンの新ポケモン一覧

スポンサーリンク