2019年4月28日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第119話『超速のクワガノン!マーマネ覚醒!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第119話『超速のクワガノン!マーマネ覚醒!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

ポニ島で開催される『クワガノンレース』に、マーマネは参加することになります。
永遠のライバルである赤い彗星・ハヤテは、クワガノンが白の色違いになったため、白い彗星・ハヤテとして立ちふさがります。(性格がまともになっている)

 

2人は接戦となりますが、またしてもロケット団の悪だくみのせいでアクシデントが起こります。
そのピンチを救ったのは、マーマネとハヤテでした。
2人は協力して、見事、ロケット団を追い返すことができました。

 

その後の『クワガノンレース』を制したのは、マーマネのペアでした。
優勝者には、『ムシZ』が送られることになります。
さらに、ハプウの計らいにより、マーマネはZリングもゲットすることができたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第119話の感想

ついに、マーマネが暗闇を克服しましたね。

 

長年、苦手だったものを短期間で克服できることが、今回の『マーマネ覚醒』という意味だったようです。

 

つまり、ガンダム寄りのオチだった……といえるのかもしれませんね。

 

さて、来週は『スイレン、カイオーガを釣る!?』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る