第1回目となるプレトーナメントが終了しました。

 

4位が堕天使みうな選手、3位がSk6811選手、2位がX-BigML選手、優勝は超サイヤ選手となっています。

 

それぞれのデッキを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

堕天使みうな選手のデッキ

フィギュア

ウツロイド

ウツロイド

テッカグヤ

フェローチェ

フェローチェ

カプ・コケコ

プレート

ダブルチャンス

ダブルチャンス

ダブルチャンス

マイティースフィア

ロングスロー

げんきのかたまり

デッキの評価

これは、『コールシグナル』で狙える包囲に特化したウルトラビーストデッキとなります。

 

テッカグヤでポケモンをウルトラスペースに送り込めるので、フェローチェのMPを強化することもできるため、スピードデッキとしても活躍させることができます。

 

『コールシグナル』の発動をコントロールするために『ダブルチャンス』を3枚も採用しており、運に左右されないデッキづくりとなっています。

 

コマが足りなくなる危険性を考慮し、『げんきのかたまり』や『ロングスロー』でゴール前をサポートする工夫もバッチリとなっています。

 

Sk6811選手のデッキ

フィギュア

カプ・コケコ

カプ・コケコ

デオキシススピードフォルム

ゲンガーメガゲンガー

ゾロアーク

ゾロアーク

プレート

げんきのかたまり

げんきのかたまり

ダブルチャンス

ダブルチャンス

ゲンガナイト

デッキの評価

Sk6811選手のデッキは、典型的なスピードデッキですね。

 

デオキシススピードフォルム、カプ・コケコでエントリーを潰し、ゴールを狙っていきます。

 

攻撃されるときはゾロアークと交換し、返り討ちにしていく戦術となります。

 

金ワザを発動させるための『ダブルチャンス』、やられてもすぐにコマを補充できる『げんきのかたまり』を採用しており、お手本に忠実なスピードデッキといえるでしょう。

 

X-BigML選手のデッキ

フィギュア

デオキシススピードフォルム

ゾロア→ゾロアーク

ゾロアーク

ヤミカラスドンカラス

ロトム

ゲンガー→メガゲンガー

プレート

ダブルチャンス

スピーダー

プラスパワー

ゲンガナイト

ハードルジャンプ

スワップスポット

デッキの評価

X-BigML選手も同じくスピードデッキなのですが、先ほどとは対照的に型にハマらない独創的なデッキになっています。

 

カプ・コケコの代わりにロトムを採用し、MP3を増やすためにゾロアから進化させるスタイルです。

 

『スワップスポット』も入っているため、スピードに特化されていますね。

 

何より、ヤミカラスを採用しており、運の要素も見え隠れするデッキ構成となっています。

 

ただ、ここまで勝ち残ってきた実力なら、もはや運ではないといえそうです。

 

超サイヤ選手のデッキ

フィギュア

デオキシススピードフォルム

カプ・コケコ

ゾロアーク

ゲンガー→メガゲンガー

ミュウツーメガミュウツーY

ルナアーラ

プレート

ポケモン入れ替え

スピーダー

ひかりのこな

ゲンガナイト

ミュウツナイトY

ダブルチャンス

デッキの評価

超サイヤ選手のデッキもまた、スピードデッキといえるでしょう。

 

しかも、メガゲンガーの他にメガミュウツーYも採用しており、メガシンカでパワー不足を克服したスピードデッキとなります。

 

プレートを見ても分かるように、かなり攻めに特化されています。

 

恐らく、序盤で勝負を決めていくスタイルだと思います。

 

今回のようなトーナメントで勝率を上げるのなら、これが冴えたやり方だといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のプレトーナメントは、スピードデッキが人気となりました。

 

確かに、『攻撃は最大の防御』ともいいますし、コマスターでも同じことがいえるようです。

 

トップ3となった方々のデッキを参考に、次のトーナメントで活かしてみてはいかがでしょうか。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク