ゲームバランスを考えることは、考察する上でとても大事なことです。

 

今回は、コマスターのフィギュアを将棋に置き換えるとどうなるのか、考えてみます。

 

スポンサーリンク

現環境のポケモンたちを将棋の駒に例えてみる

進化前ポケモン

 

歩の魅力といえば、相手の陣地に入り込むことで『と金』になれるところですね。

 

これは、コマスターでいえば進化にあたります。

 

進化前のポケモンをバトルで勝利させることは、『と金』を増やす戦術というわけです。

 

香車

デオキシススピードフォルム、ケルディオ

 

香車といえば、どこまでも直進できる駒ですね。

 

これは、MP4の移動力に例えることができるでしょう。

 

また、ワザで移動できるポケモンも機動性が高いため、香車のような役割といえそうです。

 

将棋は相手の香車を取ってからが本番ですが、コマスターだと初手から指せるので強力なフィギュアといえるでしょう。

 

桂馬

ベベノム、ゲンガー、マーシャドー(すり抜けポケモン)

 

桂馬は、相手の駒を飛び越えて移動することができます。

 

つまり、すり抜けですね。

 

ただし、コマスターの場合は桂馬以上の移動力があるため、全方向に移動できるとんでもない桂馬といえるでしょう。

 

チルタリス、ヤミラミ、ゾロアーク(サポートポケモン)

 

銀は、相手を陣地に攻め込めないように指すことが多い駒です。

 

コマスターでいえば、サポートポケモンに位置づけできるでしょう。

 

特性効果で味方を強化したり、援護することができます。

 

テッカグヤ、レックウザ(MP1ポケモン)

 

金は、王を守る駒です。

 

コマスターでゴール付近を守らせるなら、やはりMP1が良いですね。

 

移動は遅くても火力が高めなので、護衛としては非常に心強い存在です。

 

角・飛車

メガシンカできるポケモン、もしくはUX

 

角や飛車は、攻めで使う駒となります。

 

コマスターでいえば、メガシンカできるポケモンやUXフィギュアですね。

 

成り駒がメガシンカ状態に例えることができそうです。

 

なし

 

将棋は、王を取られると負けになります。

 

しかし、コマスターの場合は特定のフィギュアを取られても負けることはありません。

 

強いて例えるなら、ゴールキーパーでしょうか。

 

つまり、コマスターには王の概念がないため、一斉攻撃という戦術も取ることができます。

 

比べてみることで分かった事実

将棋とコマスターを比べてみて分かったことは、駒の種類に偏りがあることですね。

 

将棋では、歩を犠牲にして角や飛車で攻めるのが基本的な戦術です。

 

しかし、コマスターの場合は飛車6枚でスタートすることができます。

 

何より問題なのは、飛車6枚を揃えるところから始める必要があることですね。

 

飛車という名のEXもしくはUXを揃えることができなければ、リーグマッチで勝ち残ることは難しいのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

将棋とコマスターでは遊び方が異なるので、必ずしもこの例えが正しいわけではありません。

 

しかし、『強い駒を持っていなければ勝てない』ということは、どんなボードゲームでも同じです。

 

コマスターのリーグマッチで勝ちたいのなら、新フィギュアは常に揃えておく必要があるのです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク