ポケモンコマスターで登場するフィギュア『テッカグヤ』についての攻略記事です。

 

『テッカグヤ』の能力、評価、対策、入手方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

テッカグヤの能力

『出典・コマスター公式ツイッター

ID

415

タイプ

はがね、ひこう

特性

ロケットライド
フィールドに移動して最初のこのポケモンのバトルでは、このポケモンの『かえんほうしゃ』は『フレイムガン』(バトル相手と、その後ろの隣接ポケモン1体を気絶させる)になる。自分のターンの最初に、MP移動の代わりに、自分の隣接ポケモンを、このポケモンから3歩離れた場所に移動してよい。その場合、このポケモンはウルトラスペースに移動する。ターンエンド。

レア度

UX

MP

1

マテリアル

5000

入手方法

トレボ

進化経路

なし

ルーレットのピース

そらをとぶ ★★★
大きさ 8
このポケモンはバトル相手を飛び越えて、バトル相手から1~2歩離れた場所に移動する。
かえんほうしゃ※ 137
大きさ 28
※このポケモンが気絶したら、バトル相手を『やけど』状態にする。
ミス
大きさ 4
ジャイロボール 107
大きさ 32
バトル相手のMPがこのポケモンより高ければ、ダメージ+30。
そらをとぶ ★★★
大きさ 8
このポケモンはバトル相手を飛び越えて、バトル相手から1~2歩離れた場所に移動する。
ランデブー
大きさ 16
このポケモンとバトル相手をフィールド外のウルトラスペースに移動する。

スポンサーリンク

テッカグヤの評価や特徴

まずは、長すぎる特性から整理しておきましょう。

 

テッカグヤは、最初のバトルを行うまで、『かえんほうしゃ』が『フレイムガン』となります。

 

『フレイムガン』は、気絶ワザの中でも上位に位置する紫ワザなので、1度でもお得といえるでしょう。

 

そして、テッカグヤはMPの代わりに、隣接している味方を3歩離れた場所に移動することができます。(テッカグヤから数えた場所)

 

これにより、足の遅いポケモンはもちろん、強力な味方ポケモンを敵陣に投げ入れることができます。

 

ただし、この移動を行った場合、テッカグヤはウルトラスペースに移動しなければなりません。

 

とはいえ、現在はウルトラスペースにいることでメリットがあるウルトラビーストも多々いますので、戦術的撤退の意味でも使えるでしょう。

 

そして、テッカグヤ最強ワザなのが『ランデブー』です。

 

相手と一緒に、ウルトラスペースへと飛び立つ自爆ワザとなります。

 

ただし、相手がソルガレオルナアーラなら、その限りではありません。

 

詳細は、こちらで解説しています▼

【ポケコマ考察】ソルガレオとルナアーラが1体でランデブーしてしまう悲しき仕組みを紹介

 

オススメ拡張ピース

レベルアップによる拡張ピースは『かえんほうしゃ137』がオススメです。

 

『かえんほうしゃ137』が強いという意味もありますが、最初のターンは『フレイムガン』となりますので、発動確率を高めていくと便利です。

 

他にも、相手のポケモンをウルトラスペースに送り込める『ランデブー』もオススメです。

 

オススメフュージョン

フュージョンで強化するダメージワザは『かえんほうしゃ137』がオススメです。

 

ただし、『かえんほうしゃ137』の面積を広げていないのなら、『ジャイロボール107』のほうが良いです。

 

面積が広いほうのワザの威力を高めておきましょう。

 

テッカグヤの対策

MP1を使うユーザーが少なくなっているため、テッカグヤの『ジャイロボール』も137ダメージと考えたほうが良いです。

 

つまり、白ワザではなかなか勝てない相手となります。

 

ただ、初めて仕掛けるターンだけは金ワザが刺さります。白ワザが紫ワザの『フレイムガン』になるからです。

 

もちろん、紫ワザのブロッカーで動きを封じておくのが1番リスクの少ない方法といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンコマスターの最強デッキ考察!現環境まとめ

コマスターのトップページに戻る