2019年10月27日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第145話『太陽と月と、みんなの夢!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第145話『太陽と月と、みんなの夢!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

アローラリーグが終わったあと、ポケモンスクールの生徒たちはそれぞれの夢を頑張りはじめます。

 

リーリエはマギアナを動かすこと。

 

カキは島巡りを終わらすこと。

 

マーマネは宇宙飛行士になること。

 

マオはアイナ食堂を大きくすること。

 

スイレンは父親の手伝いをすること。

 

ただ、サトシだけは未だに何をすべきか迷っていました。

 

しかし、ククイ博士やライチからのアドバイスもあり、サトシはアローラではなく、外の世界を知る冒険に興味を持ちはじめるのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第145話の感想

あの年代でしっかりとした夢を語れるのは素晴らしいですね。

 

そして、サトシは再び旅を続けることを決意したようです。

 

とりあえずは、マサラタウンに帰ることになるみたいです。

 

さて、来週の最終回は『ありがとうアローラ!それぞれの旅立ち!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る