2019年11月3日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第146話『ありがとうアローラ!それぞれの旅立ち!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第146話『ありがとうアローラ!それぞれの旅立ち!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

ポケモンスクールの友人たちは、それぞれの夢に向かって進むことになります。

 

リーリエは復活させたマギアナが指し示す光の先に父親がいると分かり、家族3人で旅に出ることを決めます。

 

そして、サトシもマサラタウンに帰ることをみんなに告げます。

 

寂しい気持ちもありましたが、みんなは2人を温かく送り出してくれました。

 

サトシは、いつかまたアローラに戻ってくることを約束し、カントーへと帰っていきました……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第146話の感想

リーリエは、サトシに向けて感謝の言葉を送りました。

 

アローラのヒロインは、やはりゲームと同じくリーリエだったのかもしれませんね。

 

さて、色々あったアローラ編でしたが、終わるとなると寂しいものですね。

 

サトシがリーグ優勝したアローラは、忘れられない作品となったのではないでしょうか。

 

そして、次の作品でもアローラメンバーが出てくれることを願いたいものですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る