2019年9月15日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第139話『誕生!アローラの覇者!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第139話『誕生!アローラの覇者!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

サトシのピカチュウVSグラジオのゾロアークがぶつかり合います。

 

両者、一歩も引かない攻防を繰り広げますが、ゾロアークのZワザでバトルは急変します。

 

しかし、ピカチュウもZワザを繰り出すことで、相討ちという結果で終わることになりました。

 

最後は、ルガンガン対決となります。

 

グラジオのルガンガンは『カウンター』、サトシのルガンガンは『アクセルロック』で攻め続けます。

 

『カウンター』の守りを崩せないと思いきや、なんとサトシのルガンガンは『カウンター』返しを行い、逆転を決めることができました。

 

結果、サトシはアローラリーグの覇者となったのでした。

 

しかし、喜ぶのもつかの間、上空にウルトラホールが現れ、中からアクジキングが現れてしまうのです……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第139話の感想

祝、サトシのリーグ優勝。

 

ここまで、本当に長い道のりでした。

 

ただ、1つだけ不安なのは、これでサトシが降板にならないか……という懸念ですね。

 

サトシがいないとポケモンアニメではない気がしますので、次回のシリーズでも登場してほしいですね。

 

さて、来週は『アクジキング襲来!Zワザ大決戦!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る