2017年9月14日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第42話『カントーでアローラ!タケシとカスミ!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第42話『カントーでアローラ!タケシとカスミ!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト

 

ポケモンスクールは開校20周年を記念し、生徒たちはカントー地方へ課外授業に行くことになります。(アーカラ島の課外授業といい、この学校の資金源はどこから・・・)

 

ロケット団も本部からの呼び出しのために、サトシと同じ飛行機でカントーへ向かいます。(ニャースの席のチケットを買ってあげる優しさ)

 

到着すると、リーリエのシロンの具合が悪くなります。

 

そこへ、ポケモンドクターの研修生タケシが登場します。(世界一のポケモンブリーダーの夢はどうした?)

 

乗り物酔いということが分かり、リーリエは安堵します。

 

それに気づいたサトシはタケシに近づきますが、タケシは相変わらずお姉さん好きのようで、通りかかった女性にナンパを始めてしまいます。

 

すると、颯爽と現れたカスミが昔のように引きとめていました。

 

再会を懐かしんだあと、サトシはアローラの仲間たちに、昔に冒険したタケシとカスミを紹介します。(現在10歳のサトシが昔に冒険した仲間・・・年齢いくつの時に・・・?)

 

その後、ククイ博士の引率でやってきたのは、マサラタウンのポケモン研究所です。

 

出迎えたオーキド博士(ユキナリ)は、ナリヤ・オーキド博士と熱い抱擁を交わして喜びます。

 

お得意(?)のポケモン川柳「20年 時の流れは フシギダネ」と言って開校を祝福すると、カキ、マオ、リーリエ、マーマネ、スイレンは「おおー!」と歓声を上げます。(初めて川柳が評価される・・・)

 

そして、カスミとタケシが研究所内にあるサファリパークのような敷地を案内します。

 

ここで、カントーのポケモンたちを学ばせようというのです。

 

そして、ここにはサトシがゲットしたポケモンたちもいました。

 

サトシを見て喜んだケンタロスの群れは体当たりしたり、ベトベトンには飲み込まれるなど、相変わらずポケモンたちに愛されているようです。

 

フシギダネとも再会して喜んでいると、ロケット団がポケモンを盗もうと金ピカのニャースロボでやってきました。(初代のセリフと演出で登場)

 

サトシは帽子のキャップを後ろにすると、ルガンガン(たそがれのすがた)を繰り出します。

 

カスミはヒトデマン、タケシはクロバットで戦います。

 

ロケット団がいつもより早く危機に陥った時、上空を通りかかった飛行機からキテルグマが落ちてきました。

 

キテルグマは、ニャースロボのジェットエンジンを腰に取り付ける(落ちた衝撃で挟まった)と、ロケット団を連れてアローラへと飛び立っていきました。(その燃料だけで戻れるのか?)

 

その後、サトシたちはカントー地方のポケモンと存分に触れ合ったあと、サトシのママが用意したウェルカムパーティを大いに楽しみました。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第42話の感想

無印アニメを視聴しているなら分かるような、懐かしいシーンや言動がたくさんありましたね。

 

マジックペンを持つプリンも登場し、最後のオチまで懐かしかったです。

 

アローラにリージョンフォームしたサトシの顔で、リザードンとの別れの回想シーンが登場するのは少々驚きました。(相変わらず、目は見えていませんが・・・)

 

さて、来週の第43話は『ジムバトル!Zワザ対メガシンカ!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る