2019年7月21日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第131話『ムサシVSコジロウ!愛と真実のバトルフィールド!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第131話『ムサシVSコジロウ!愛と真実のバトルフィールド!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

アローラリーグ第1回戦の後半がはじまりました。

 

マーマネのクワガノンは、マツリカのアブリボンを空中戦で倒すことができました。

 

ムサシのソーナンスとコジロウのヒドイデは、打ち合わせどおりのバトルをすることになります。(ムサシが勝つ予定だった)
しかし、ヒドイデでやる気を出してしまい、コジロウが勝利してしまいました。

 

カキのガラガラとアセロラのゲンガーは、死闘の末、ガラガラが勝利を収めました。

 

そして、グラジオとリーリエの兄妹対決は、兄のグラジオが勝利することができました。

 

これにより、第2回戦の組み合わせも決定しました。

 

グラジオVSコジロウ
サトシVSハウ
カキVSマーマネ
グズマVSスイレン

 

はたして、誰が3回戦にコマを進めることができるのでしょうか?

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第131話の感想

どうやら、組み合わせは変わっていくようですね。

 

ある程度、サトシの対戦相手は予想がつきますが、他のメンバーはどのようになるのか、気になるところです。

 

そして、コジロウが勝ってしまうのは、ちょっと意外でしたね。

 

ですが、次がグラジオですので、どちらであっても勝敗は決まっていたかもしれませんね。

 

さて、来週は『ジュナイパーを攻略せよ!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る