2019年1月6日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第103話『岩をも砕く熱きハート!ライチとタケシ!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第103話『岩をも砕く熱きハート!ライチとタケシ!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

アローラ観光に来ているタケシとカスミ。

 

しかし、タケシには他の目的がありました。それはアローラの綺麗なお姉さんを探すことです。

 

そのため、ライチに会うためにアーカラ島までやってきます。

 

カキん家の牧場を手伝ったり、迷い込んだガルーラの親子を助けたりと寄り道はしましたが、ようやくライチに巡り合うことができます。

 

タケシが元ジムリーダーであると聞いたライチは、タケシにバトルを申し込みます。

 

ところが、タケシのウソッキーとライチのルガルガンが激闘を繰り広げていると、またしてもロケット団が邪魔をしに来ます。

 

タケシとライチは、2人で協力したZワザ『ワールズエンドフォーリンラブ(ハート型の巨石)』をニャースロボに決め、見事、撃退することに成功します。

 

結果はどうであれ、タケシの実力は認められたのでした……。

 

 

その夜。メレメレ島の花火を見ながら、サトシはカスミとタケシに別れの挨拶を交わしていました。

 

それぞれの夢を確かめ合った少年たちは、より絆を深めることができたのでした。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第103話の感想

今回のニャースロボは、デビルガンダムのパロディとなっていましたね。

 

Zワザの名前に『ラブ』が入っていたのも、その影響といえるでしょう。

 

それはともあれ、アローラの姿のカスミとタケシが登場するのは、これで最後となりました。

 

次週からは、大試練のストーリーに戻るようです。

 

さて、来週は『ポニ島の自由研究!しまキングをさがせ!!』が放送されます、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る