2018年11月11日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第96話『ロケット団とヌイコグマ!』の内容と感想の記事になります。

 

なお、今回から登場するヌイコグマは、藤田ニコルさんが声優を務めています。

 

スポンサーリンク

第96話『ロケット団とヌイコグマ!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

バーネットが忘れていった弁当を届けるために、サトシとピカチュウはエーテル財団を訪れます。

 

ちょうどその頃、ロケット団たちもポケモン保護区のポケモンを盗もうと潜り込んでいました。

 

すると、保護されていたヌイコグマにムサシが気に入られ、離れなくなってしまいます。

 

案の定、サトシたちに盗んだと思われて追いかけられますが、いつものようにキテルグマが助けにやってきます。

 

そのとき、キテルグマがヌイコグマを見るなり、抱きつきました。なんと、2匹は親子だったのです。

 

かくして、キテルグマはヌイコグマとロケット団を連れて巣穴まで戻っていたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第96話の感想

始まる前からなんとなくは分かっていましたが、ヌイコグマもキテルグマ並みにおかしなことをしていましたね。

 

ヘリコプターのプロペラを母親の代わりに回し、浮き上がっています。

 

ロケット団+キテルグマ+ヌイコグマの体重を浮かび上がらせるために、どれほどの回転が必要なのでしょうか……。

 

さて、来週は『巧みのフクスロー!!!眠りのモクローzzz』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る