噂となっていたコンボでしたが、やはりバグとして修正されるようですね。

 

オーベムとセレビィの『無限時渡り』コンボは、終了することになりました。

 

どういったコンボだったのか、解説していきます。

 

スポンサーリンク

オーベムとセレビィの『無限時渡り』コンボ

このコンボを紹介するためには、まずはオーベムデッキの性質について紹介する必要があるでしょう。

 

オーベムリグレーは、特性『トランスポート』を持ちます。

 

これは気絶せず、デュエル除外となる効果なのですが、代わりに除外されている1体をベンチに移動することも可能となります。

 

つまり、ポケモンセンターを通らないで、どんどんベンチにポケモンを移動させることができるデッキというわけですね。

 

そして、この特性は復帰できるデュエル除外のポケモンが限定されていませんでした。

 

よって、『ときわたり』でデュエル除外されたセレビィも対象となるのです。

 

『ときわたり』は、本来なら連続で使えない特性だったのですが、このコンボだと成立してしまい、『無限時渡り』が完成します。

 

連続でターンが戻ってしまうと、相手は攻めることが難しくなるため、いたずらに時間を浪費してしまいます。

 

うまくいけば、相手のタイムアップを狙うこともできてしまうのです。

 

こういった効果を生み出してしまうため、『無限時渡り』のコンボは修正を受けることになりました。

 

バグを修正するためにはメンテナンスしなければならない

さて、本当の問題はここだと思います。

 

ゲームプレイに支障が出るバグが見つかると、メンテナンスしなければなりません。

 

メンテナンス中はゲームをプレイすることができませんので、ユーザーにとっては無意味な時間となります。

 

そもそも、ゼンリョク・アップデートはかなりの時間を費やして制作していたはずです。

 

それなのに、『れんきんマーカー』がうまく作動しないバグなど、問題点が多いのが気になりますね。

 

ぜひ、こういった部分は最初から作り込んで欲しいものですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

これにより、オーベムデッキは弱体化することになります。

 

セレビィのコンボが使えなくなるからではありません。修正により、復帰できるデュエル除外のポケモンが同族に限定されてしまったからです。

 

終了したのはコンボではなく、オーベムデッキになってしまったといえそうです。

 

スポンサーリンク

人気記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る