2019年5月19日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第122話『監視します!ロケット団アローラのすがた!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第122話『監視します!ロケット団アローラのすがた!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

ある日、ムサシとコジローに、本部のマトリから連絡が入りました。

 

「あなたがたがゲットしているキテルグマを送りなさい」

 

しかし、ゲットしていない2人が、そんなことできるはずもありませんでした。

 

すると、マトリは自らおもむき、連行していくと言い出します。

 

ロケット団は様々な言い訳でごまかそうとしますが、マトリは聞く耳を持ちません。

 

本当にアローラまでやってきたマトリでしたが、キテルグマのいつものペースに巻き込まれてしまい、思うように任務をこなせなくなってしまいます。

 

キテルグマを連れて帰ることを断念したマトリは、代わりに子供のヌイコグマを誘拐しようと考えます。

 

しかし、飛行機の高さまで飛び上がれるキテルグマには無駄な作戦でした。

 

完璧主義のマトリにとって、キテルグマはトラウマ的存在となってしまったのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第122話の感想

よくよく考えると、ムサシとコジローはどうやってキテルグマのもとから去るのでしょうかね。

 

何をやっても引き戻されてしまうわけですが、アローラ編が終わるときにはお別れをしなければいけません。

 

どんな別れ方になるのかも、アローラ編の注目ポイントとなりそうですね。

 

さて、来週は『Zワザを極めろ!灼熱のカキ合宿!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る