2019年5月12日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第121話『マオ奮闘!森のポケモンカフェ!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第121話『マオ奮闘!森のポケモンカフェ!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

『おおきなキノコ』を使い切ったため、マオは森に棲むヤレユータンのもとを訪ねます。

 

ヤレユータンの店には、たくさんのポケモンたちが客として来店していました。

 

すると、ヤレユータンはマオに店の手伝いをさせ始めます。

 

戸惑うマオでしたが、ポケモンの好きな木の実を考え、1匹1匹をもてなしていきました。

 

なんとか対応することができましたが、最後に来店したのはカプ・コケコでした。

 

マオは、今の自分が考えつく、最高の食事を作ってみます。

 

それを食べたカプ・コケコは満足し、マオにクサZをプレゼントしてくれました。

 

ヤレユータンからはZリングを渡され、マオは知らぬ間に試練を突破することができたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第121話の感想

口がないカプ・コケコはどうやって食事をするかと思いきや、殻を閉じる状態で食べるみたいですね……。(殻が口の役割をしている?)

 

ヤレユータンがくれた壊れたZリングは、誰のものかも気になりますね。

 

たまたまアイナ食堂を来店していたライチが直してくれたので、一様、しまクイーン公認という流れになるようです。

 

これで、アローラのメンバーはすべてZリングを手にしたことになりました。

 

はたして、誰が優勝することができるのでしょうか。楽しみなところです。

 

さて、来週は『監視します!ロケット団アローラのすがた!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る