2019年5月26日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第123話『Zワザを極めろ!灼熱のカキ合宿!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第123話『Zワザを極めろ!灼熱のカキ合宿!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

スイレンはZワザが出せるようになりましたが、マーマネはまだダメでした。

 

そこで、サトシとカキはマーマネを合宿に誘います。

 

そこは、ヴェラ火山の近くにある祭壇でした。

 

昔、カキはここでバクガメスと出会ったのです。

 

そのときにやりあったシザリガーも、今は戦友となっていました。

 

そこでカキは、マーマネの練習としてシザリガーを向かわせます。

 

防戦一方のクワガノンでしたが、諦めようとはしませんでした。

 

その姿に、弱腰だったマーマネは心を入れ替え、積極的なバトルを見せます。

 

マーマネの強い想いにZリングは反応し、ムシZを見事に発動させることができたのです。

 

この合宿により、マーマネはバトルに自信をつけることができたようです。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第123話の感想

サトシが久しぶりに見せてくれましたね。

 

カキよりも崖を素早くあがるサトシの姿は、まさにスーパーマサラ人にふさわしいですね。

 

そして、カキが『ウルトラジャー』ではなく、『ウルトラ・ジャー』と叫んでいる疑惑も浮上した回となりました。(来週の予告にて)

 

その真意は、ぜひ来週で確認してみましょう。

 

さて、来週は『切れ味バツグン!カミツルギ見参!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る