2019年2月3日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第107話『走れカキ!己を超えて!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第107話『走れカキ!己を超えて!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

サトシとカキは、カプ・レヒレと会うために彼岸の遺跡を訪れます。

 

熱いバトルを披露すれば姿を見せてくれると思い、2人はダブルバトルを行います。

 

そのおかげでカプ・レヒレは現れたのですが、カキを除く、サトシとピカチュウ、バクガメス、ガラガラを水の中に閉じ込めてしまいます。

 

理由に困惑するカキでしたが、突如現れた謎の老人に「カプ・レヒレは遺跡を傷つけられ、たいそうお怒りじゃ」と教えられ、ようやく状況を飲み込みます。

 

カプ・テテフの鱗粉を持ってくればサトシたちを許すと言われ、カキはリザードンに乗ってアーカラ島に向かいます。

 

激しいバトルの末、カプ・テテフから鱗粉を手に入れたカキは、なんとか時間までに戻ることができました。

 

すると、カプ・レヒレから『ヒコウZ』を渡されます。

 

これがカプ・レヒレの試練だったことに気づいたカキでしたが、そのときにはカプ・レヒレも老人も姿は見えませんでした。

 

そんなカキの様子を、亡くなったはずのカキの祖父と老人(ハプウの祖父)は笑みを浮かべながら見守っていたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第107話の感想

今回は『走れメロス』を意識した内容となっています。

 

亡くなった人の幻を見せるカプ・レヒレの能力は、次週も登場します。

 

そのため、ついにハプウと祖父、そしてマオと母親が対面することになりそうです。

 

さて、来週は『カプ・レヒレの霧の中で』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る