2019年1月27日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第106話『海あり谷あり!ポケモン進化大特訓!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第106話『海あり谷あり!ポケモン進化大特訓!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

マーマネはデンヂムシをクワガノンに進化させるため、ポニの大峡谷にやってきます。

 

すると、かつてデンヂムシレースで戦った赤い彗星・ハヤテと色違いのデンヂムシが現れました。

 

彼らもクワガノンに進化させるためにやってきたようです。

 

2人は競うように洞窟の奥へと進みますが、ハヤテが崖から落ちそうになってしまいます。

 

そのとき、マーマネのデンヂムシがクワガノンに進化し、見事、ハヤテを助けることができました。

 

 

一方、スイレンは師匠と敬愛する海の民・イアと会っていました。

 

しかし、アローラから旅立つことを聞き、特訓して欲しいとお願いします。

 

特訓はそれほど意味はありませんでしたが(遊んでいるだけ)、海の民としての大事な話を聞きます。

 

「あとは海が全部教えてくれる」

 

スイレンはその言葉を胸に、お別れのバルーンをアシマリと練習します。

 

すると、アシマリはオシャマリに進化し、見事なバルーンでイアの旅立ちを見送ることができたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第106話の感想

『むしのいし』という謎の進化の石が登場した回となりました。(結局はかざりものだった)

 

そして、スイレンはアシレーヌZを貰ったため、もしかするとアシレーヌまで進化するかもしれませんね。

 

さて、来週は『走れカキ!己を超えて!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る