2019年4月7日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第116話『リーリエと秘密の機巧姫』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第116話『リーリエと秘密の機巧姫』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

グラジオとリーリエは、父親モーンが生きていることを知り、昔の研究資料から何か分からないかと調べ始めます。

 

すると、ルザミーネが自宅にある秘密の部屋を教えてくれます。

そこはモーンの研究室でした。

かつて使っていたZリング、そしてマギアナが置かれていました。

 

マギアナは、リーリエが産まれた年に骨董屋から買い付けたものでした。

しかし、動くことはなかったようです。

 

リーリエは、「父親を探すためにもっと強くなりたい!」という想いから、父親のZリングを継承するために、ハラにお願いしにいきます。

その想いに心動かされたハラは、仮免許という形でZリングを使う許可を下ろしました。

 

その後、リーリエはマギアナのお世話をしたいと、グラジオやルザミーネに申し出ます。

父親からのプレゼントを無駄にしたくなかったからです。

 

その強い想いを感じてか、マギアナの目にかすかな光が灯ったのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第116話の感想

やはり、ルザミーネの夫はモーンだったようですね。

 

こうなると、リーリエたちはポケマメが大量に実る島にいくのでしょうか?

 

そして、マギアナを復活させたリーリエがアローラリーグに出場するのかも、気になるところですね。

 

さて、来週は『シェイミ、メルタン、ナギサ!迷子の探検隊!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る