パラメータ調整が行われ、ホワイトキュレム、ブラックキュレムが強化されました。

 

なんと、強化系のフォルムチェンジでありながらMP3フィギュアになったのです。

 

スポンサーリンク

WBキュレムがMP3すり抜けポケモンになる

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

ホワイトキュレムブラックキュレムは、キュレムをフォルムチェンジさせることで使うことができます。

 

プレートを使うだけでフォルムチェンジできる手軽さと、メガシンカのようにターンで解けない利点があるため、当初は注目されていました。

 

しかし、高火力アタッカーのインフレがどんどん進む現環境において、140ダメージはメガシンカに勝てない場合が多いです。

 

そもそも、キュレムのフォルムチェンジは1体を除外するデメリットがあるため、どう考えても140ダメージでは割が合わないのです。

 

そのため、最近はあまり見かけなくなっていました。

 

しかし、今回のパラメーター調整でMP3に強化されました。

 

ここの何が凄いかというと、もともとWBキュレムはすり抜けポケモンなのです。つまり、すり抜けMP3ポケモンが140ダメージで攻撃できるというわけです。

 

奇襲を仕掛けられるのに140ダメージは、まさに反則級といえるでしょう。

 

ホワイトキュレムとブラックキュレムのどちらが便利か?

ホワイトキュレムとブラックキュレムでは、紫ワザに違いがあります。

 

ホワイトキュレムは『りゅうせいぐん★』なので、エントリー封じの後に相手から排除されそうになっても、そこから味方を支援することができます。

 

一方、ブラックキュレムは『そらをとぶ★★★』なので、相手のブロックを飛び越えたあと、次のターンでガラ空きのゴールを狙うことも可能です。

 

どちらも利点があるので何とも言えませんが、それでもブラックキュレムのほうがホワイトキュレムより優れている点があります。

 

それは、『かわす』が含まれているため、『マヒ』に強いのです。

 

それを考慮すると、やはりブラックキュレムのほうが便利かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

WBキュレムは、他にも優れたところがあります。

 

気絶するとき、フォルムチェンジを解くことでキュレムをその場に居座らせることができます。

 

これにより、エントリー封じを延長する狙いもできるのです。

 

すり抜けMP3ならエントリーまで到達するのは難しくありませんので、戦術として大いに役立てることができるでしょう。

 

ぜひ、強化されたWBキュレムを採用してみると良いでしょう。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク