新フィギュアが登場しないことも要因ではありますが、それでもマーシャドーを軸とした『ゴースト』デッキは人気です。

 

マーシャドーが登場してから、そろそろ2ヵ月が経とうとしています。

 

ちなみに、デオキシスデッキが環境に君臨していた期間も2ヵ月となります。

 

スポンサーリンク

マーシャドーの便利すぎる特性

諸悪の根源といってもいいレベルですが、やはりマーシャドーの特性が便利すぎますね。

 

自軍の『ゴースト』タイプに隣接した相手は、ダメージ-20となります。

 

『ゴースト』タイプは、もともとダメージが低めに設定されていますが、マーシャドーのおかげで同等……いや、それ以上の安定した火力を維持できるようになっています。

 

この特性のおかげで、ルナアーラといった旧フィギュアも再ブレイクできるため、『ゴースト』タイプが注目されるのも無理はないのです。

 

更に、マーシャドーはすり抜けMP3ですので、サポートとしてはこれ以上ない存在といえるでしょう。

 

『ゴースト』タイプの多様化

『ゴースト』タイプの強みは、マーシャドーだけではありません。

 

『ゴースト』タイプの多様化こそ、最大のメリットといえるでしょう。

 

かつてはメガゲンガー1択でしたが、現在はメガジュペッタギラティナフワライドなどの優秀な『ゴースト』タイプが増えてきました。

 

そのいずれもすり抜けができるため、相手にとっては脅威となるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

現在は、ジュナイパーの人気も高まっています。

 

こういった旧フィギュアが注目されるのは、やはりマーシャドーのおかげといえるでしょう。

 

新フィギュアが12月に登場しなければ、この環境は『ゼンリョク・アップデート』が行われる1月まで続きそうです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク