レア度が違うフィギュアが多くなりましたが、同時に登場したのはプテラぐらいでしょう。

 

そのため、プテラRが採用される頻度があからさまに低いです。

 

しかし、プテラRにも使い道は存在します。

 

スポンサーリンク

EXと同時にリリースされてしまった不運なプテラRの使い道

EXのほうのプテラは、高火力でありながら、相手の紫ワザと青ワザを封じられる『ちょうはつ★★★』があります。
つまり、自分より白ワザが弱い相手を倒しやすいワザ構成となります。
一方、プテラRは低火力にも関わらず、相手の紫ワザと青ワザを封じてしまう『ちょうはつ★★★』を持ちます。
そのため、バトルで負けやすいワザ構成だといえるのです。

 

このように比較してしまうと、プテラRに使い道があるのかと思ってしまうところです。
ですが、プテラRはすり抜けMP3という強みがあります。
レア度が違ってもメガシンカすることは可能ですので、相手に奇襲をかけやすいです。
また、『こおりのキバ40』がありますので、『こおり』デッキのMP3枠として採用することもできそうですね。

 

コマスターではMP移動も強みになりますので、工夫次第でプテラRも活躍させることができるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

もちろん、人気なのはプテラEXのほうです。

 

EXでもすり抜けは可能なので、やはり使い勝手が良いからです。

 

ゾロアークが下方修正された現環境では、なかなか運用が難しいフィギュアかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

人気記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る