最近、デオキシススピードフォルムを見かけるのが少なくなりました。

 

理由は色々あるでしょうが、ポニータの存在が大きいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ポニータの登場でデオキシススピードフォルム失業の危機

デオキシススピードフォルムは、ベンチから出撃するときはMP4で動くことができます。
かつては、速攻で攻めることに使われていましたが、火力の低さのせいで対処されやすい欠点がありました。
そのため、スピードフォルムの役割は、ゴールに1ターンで移動できるという守りの姿勢にかわりつつあったのです。

 

ところが、それ以上に役立つポケモンが登場してしまいました。
それがポニータです。
ポニータ、はどこでもMP4で移動できるわけではありませんが、直線上なら4マス進むことができます。
つまり、ベンチからゴールまで移動することも可能というわけです。

 

ポニータはスピードフォルムと違い、ステータスが高めです。
青ワザも広めに設定されているため、ゴールキーパーとしての素質は十分です。
さらに『けりとばす★』で相手を移動させることができるため、ギャロップに進化することもできます。
ギャロップは、ポニータ以上のステータスとなりますので、今後は攻めとしても使うことができるのです。

 

こういった理由があるため、ポニータはスピードフォルム以上に人気が出始めているのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

やはり、守りのポケモンは1体いると安心しますね。

 

スピードフォルムでもその役割を果たすことはできますが、やはり守り向きではありません。

 

そう考えると、ポニータのほうが採用しやすいといえそうですね。

 

スポンサーリンク

人気記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る