メガシンカプレートのコストが廃止されたことで、よりプレートの組み合わせが勝敗を左右する環境となっています。

 

そう考えると、ニョロトノの特性は、これ以上ないプレート封じであり、メガシンカ対策といえるかもしれません。

 

しかし、ニョロトノを実践で使うのは難しいです……。

 

スポンサーリンク

『だいがっしょう』の良し悪し

『だいがっしょう』は、特性の中でもかなり優秀な効果といえます。

 

なんと、ニョロトノがフィールドにいるだけで、相手はプレートを使用できなくなるのです。

 

これなら、メガシンカも封じることが可能なので、相手の弱体化を図ることができます。

 

ただし、この状態を維持することは非常に難しいです。

 

何故なら、ニョロトノが3体フィールドにいる必要があるからです。

 

『ハイドロポンプ90』『りんしょう40×』『まもる』……。このワザ構成でフィールドに生存できる確率は、残念ながら低いといえるでしょう。

 

ニョロトノをどうやって強化するかが課題

ニョロトノをどうやって強化するか……。そこを考えないことには、『だいがっしょう』を発動させても意味がありません。

 

普通に考えると、『りんしょう40×』の強化ですね。

 

4体『りんしょう』持ちをフィールドに出せば、160ダメージで攻撃することができます。

 

ただし、4体が常にフィールドにいる状態を作り出すのはなかなか難しいです。

 

そう考えると、MPを強化することを考えたほうが良いかもしれませんね。

 

アクアスフィア』を採用すればMP移動がスムーズになり、ウォッシュロトムがいればすり抜けが可能となります。

 

ただし、この場合は根本的な問題を解決していませんので、白ワザ主体のニョロトノはエントリーポイントを制圧できても、排除されやすいです。

 

つまり、どちらの方法でもニョロトノは安定しないのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

Zワザが登場したので、ニョロトノでも相手を一撃で倒すことは可能となりました。

 

ただし、それは相手も同じことです。

 

紫ワザを持たないニョロトノは、Zワザを食らうと確実に気絶してしまいます。

 

そうなると『りんしょう』のダメージが途切れてしまうので、やはり扱うのが難しいフィギュアといえるのです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク