ガブリアスにパラメータ調整が入りましたが、残念ながら使用率が伸びることはありませんでした。

 

どうしてこうなったのか、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ガブリアス、パラメータ調整されるも使われない……

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

ガブリアスは、『ダブルひこう★★』という個性的な紫ワザを持つポケモンです。

 

『ダブルひこう★★』は相手を飛び越えたあと、もう1度バトルを仕掛けられることができるポケモンです。

 

そのため、うまくいえば相手のブロックをすり抜けながら敵陣に潜り込り、ゴールキーパーを撃破することもできるという欲張りな効果となります。

 

そのため、ガブリアスが高火力と言われていた時代には重宝したEXフィギュアでした。

 

しかし、火力インフレの影響を受けたガブリアスは、相手を撃退することができずに倒れる機会が多くなりました。

 

いくらすり抜けたとはいえ、バトルで勝つことができなければ次のターンで包囲される危険性があるからです。

 

そのため、火力不足のレッテルを貼られてしまったガブリアスは、使われなくなってしまったのです。

 

ようやくパラメータ調整が入り、現在の標準火力である140ダメージを手にすることができました。

 

しかし、すでに『ドラゴン』タイプにはレックウザオノノクスジジーロンなど、ガブリアスよりもダメージが高いポケモンが揃っています。

 

140ダメージと比べてしまうと、どうしても彼らを使ってしまうのです。

 

そのため、ガブリアスが表舞台に戻る唯一の方法は、やはりメガシンカとなりそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

順当にいけば、そろそろガブリアスもメガシンカを与えられる時期となります。

 

メガシンカ後も『ダブルひこう』なのか、まずはここが気になるポイントですね。

 

あとは、特性でどこまで他の『ドラゴン』タイプと差別化できるのかが勝負となりそうです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク