コマスターには、『エントリー封じ』という戦術があります。

 

しかし、このエントリー封じを行うことで勝機を逃す場合もあるようです。

 

スポンサーリンク

エントリー封じ狙いで勝機を逃すこともある

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

ベンチからフィールドにポケモンを出すためには、エントリーを通る必要があります。

 

エントリーにポケモンが乗っていると、そこからポケモンを出すことができなくなります。

 

この仕組みを利用し、相手のエントリーを潰すことでベンチからポケモンが排出するのを防ぐことができます。

 

このエントリー封じは、コマスターでは有名な戦術であり、まずは狙っていきたいところですね。

 

しかし、エントリー封じをしなくてもゴールを狙うことはできます。

 

むしろ、エントリー封じに時間を割いてしまうことで負けてしまうケースもあるのです。

 

敵陣に乗り込んだポケモンが相手のゴールキーパーと相性が良ければ、そのまま攻撃したほうがゴールを狙える可能性が高いというわけです。

 

例えば、ゴールキーパーにデンリュウがいたとします。

 

デンリュウはメガシンカでパワーアップできるため、戦うなら進化前のほうが無難です。

 

もし、これでカプ・コケコを先行させていたのなら、大人しくエントリーに乗せたほうがいいでしょう。

 

しかし、バシャーモなら話は変わってきます。わざわざエントリーに乗せなくても、デンリュウを倒すポテンシャルがあるからです。

 

仮にエントリー封じを任せたら、相手は反対側のエントリーからバシャーモ対策のポケモンで攻撃してくることでしょう。

 

これは、MP3でも同じことがいえます。

 

もし、カプ・コケコを先行させていたとしても、相手のゴールキーパーがカプ・コケコだったら、そのままゴールを狙ったほうが勝機は高いはずです。

 

MP3ポケモンをエントリーに乗せるのは定石ですが、相手に排除されやすいデメリットもあるので、ここぞという時はゴールを狙ったほうが短期戦で終わる場合もあるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

エントリー封じに適したポケモンは、青ワザの面積が広いポケモンです。

 

排除しようとする相手に、無駄な時間を使わせることができるため、そのうちに攻め込むことができます。

 

そのため、エントリーに乗せるポケモンも考える必要があるのです。

 

もし、敵陣に先行しているポケモンがゴールキーパーと相性が良いなら、そのままゴールを狙ったほうが勝機は訪れるでしょう。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク