ゴウカザルとレジギガスには、ある共通点があります。

 

それは、『ゴールキーパーを倒した瞬間に勝利できるワザを持つ』ということです。

 

ただし、どちらも課題をクリアしなければ狙うことは難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

『ドライブキック』『ふみつぶす』の強み

『ドライブキック』と『ふみつぶす』はバトル終了後に、相手がいた場所に移動することができます。

 

つまり、これを相手のゴールキーパーに決めると、その瞬間にゲームセットとなります。

 

相手に1ターンの猶予を与えてしまうと、『ゴールブロック』のような方法で妨害されてしまいますが、『ドライブキック』『ふみつぶす』は1ターンで攻撃と移動を行うことができるため、その隙を与えないのです。

 

コマスターのワザの中では、非常に優秀な効果といえるでしょう。

 

ゴウカザルを採用する場合の注意点

ゴウカザルの『ドライブキック』で勝負を仕掛けたいなら、2つの課題があります。

 

1つ目は火力問題です。

 

『ドライブキック』は120ダメージなので、現環境だと心もとない数値となります。

 

ゴウカザルの火力を強化するなら、やはりヘルガーを主体とした『やけど』デッキを構築する必要があるでしょう。

 

2つ目は確率です。

 

ゴウカザルのワザ構成は、非常にバランスが良いです。

 

つまり、『ドライブキック』が出る確率も、70ダメージの金ワザが出る確率もあるのです。

 

ゴールキーパーに仕掛けるなら、『ダブルチャンス』のプレートは必須といえるでしょう。

 

レジギガスを採用する場合の注意点

実際、レジギガスを採用する人はちらほらいます。

 

その理由は、圧倒的な火力を持つからですね。

 

『ふみつぶす』は180ダメージなので、強化しなくても相手を一撃で粉砕することができます。

 

この点においては、ゴウカザルよりも使いやすいといえるでしょう。

 

ただし、問題はMP0ですね。

 

レジギガスは、味方のレジ系がフィールドにいなければ、移動することができなくなります。

 

また、白ワザ主体のフィギュアなので、ゴールキーパーが紫ワザ持ちだと攻略しづらいという問題もあります。

 

レジギガスの場合は、『スピーダー』の採用が必須といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

『ドライブキック』も『ふみつぶす』も、優秀なワザであることは間違いありません。

 

ただし、発動させる環境を整える必要はあります。

 

ゴウカザルとレジギガス、それぞれに特徴が異なるため、その特徴に合ったデッキ構築が求められるのです。

 

ほとんどのユーザーはレジギガスを選ぶようですが、ゴウカザルも工夫次第では活用できますので、ぜひ採用してみると良いでしょう。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク