サンムーンでも、ポケモンバンクと連動することが決定しています。

 

解禁することで、現在のサンムーンのレーティングバトルは大きく変化することになります。

 

スポンサーリンク

ポケモンバンク解禁はいつ?

ポケモンバンクは、1月下旬からサンムーンと連動することになっています。

 

しかし、明確な日付は発表されていません。

 

サンムーンの他に、初代ポケモンやポケモンGOとも連動できるみたいですが、ポケモンGOはまだ先の話となりそうです。

 

おそらく、1月のバージョンアップで、初代を含む過去作がサンムーンに移動されることになりそうです。

 

レートの環境は、過去ポケモンたちが支配する

ポケモンバンクが解禁すると、レートの環境はガラリと変わります。

 

おそらく、サンムーンで育てたポケモンたちはほとんどレートの環境に対応できず、消えていきそうです。

 

新ポケモンならまだしも、隠れ特性や教え技を覚えられない前作からいるポケモンたちは、すべてカロス産と入れ替えが行われます。

 

新ポケモンで使われ続けるのは?

ミミッキュカプ・コケコカプ・テテフは過去作の影響を受けずに出てくるでしょう。

 

ミミッキュは特性『ばけのかわ』が便利なので、どんな相手でも等しく対応することができます。

 

カプ・コケコは『すばやさ』の種族値が130もあるので、いくら数が増えようと抜けるポケモンは限られています。

 

カプ・テテフは『サイコメイカー』で先制技を封じることができるので、過去作のポケモンにこそ脅威となり得るのです。

 

ポケモン育成はXY・ORASがないと不利?

サンムーンでは、あらゆることに制限があります。

 

レベルが上げづらいので、準伝説などはXYのレストラン『キワミ』でレベル100に育成する必要があります。

 

ORASは教え技が充実していますので、XYでレベル100にしたポケモンを移動させ、技を揃えます。

 

そして、準伝説などで個体値が満足でないポケモンをサンムーンに移動させ、『すごいとっくん』で強化することになります。

 

つまり、いくら個体値がMAXであっても、理想的な技構成でなければポケモンバトルで活躍させることは難しいのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

サンムーンからポケモンを再開された方、初めてポケモンを始めた方は、ポケモンバンク解禁後のレーティングバトルは不利となります。

 

ポケモンを極める気があるのなら、XYとORASのソフトが必要となりそうです。

 

ただ、噂ではニンテンドースイッチで『ポケットモンスタースターズ』が発売されると言われています。

 

この『ポケットモンスタースターズ』で育成しやすくなると、過去作を購入する必要がなくなるので、ぜひ充実させてほしいものです。

 

サンムーン育成論一覧

スポンサーリンク