デオキシスデッキが環境を支配する時代は、カラマネロの登場により終わりました。

 

デオキシスデッキを利用しているプレイヤーは、もはや2割を下回っています。

 

現環境を支配するのは、ゲンガーからメガシンカしたメガゲンガーです。

 

スポンサーリンク

メガゲンガーデッキが最強入り!現環境のすり抜け地獄を対策せよ!

 

メガゲンガーは、他のメガシンカポケモンとは違う点があります。

 

それは、メガシンカするとMPが増加することです。

 

スワップスポット』で移動されたようなイメージを持つと分かりやすいでしょうか。

 

ただ、『スワップスポット』とは違い、隣接ポケモンがいなくてもメガシンカしてしまえばMP3となるため、非常に脅威となるのです。

 

さて、どうしてこれが脅威になるのでしょうか?

 

 

こちらの画像をご覧ください。

 

もし、ゲンガーがこの位置に配置された時、あなたならどこにポケモンをブロックとして配置するでしょうか?

 

まず、誰もが分かるのは『A』に配置してはいけないということです。

 

『A』に配置すると、ゲンガーはすり抜けて『C』へと移動してしまいます。

 

だからこそ、多くの方は『C』に配置するのです。

 

ところが、『C』に配置するとゲンガーはメガシンカし、MP3のメガゲンガーとなって『D』へと移動することが可能なのです。

 

では、『B』や『D』に配置するのが正解なのでしょうか?

 

確かに、『A』や『C』に比べれば、メガゲンガーを意識した配置のように見えます。

 

ただ、それでもゲンガー側に優勢なのは変わりません

 

『D』に配置した場合、ゲンガーはそのまま『C』に移動します。実は、これはチェック状態となります。

 

何故なら、次のターンでメガシンカすればMP3となるからです。

 

つまり、どこに配置しようともゲンガーは次のターンでチェックをかけることが可能なのです。

 

これが現環境で起こっているすり抜け地獄の全貌です。

 

これを対策しなければ、現環境を勝ち抜くことはできません。

 

そして、対策と聞いて思い浮かぶのがサーナイトだと思います。

 

確かに、サーナイトの特性は『ゴースト』タイプのすり抜けを無効にできます。

 

しかし、サーナイトはゲンガーと張り合っても太刀打ちできるワザを持ち合わせていません

 

現環境には、ゲンガー以外にも対策したいポケモンはたくさんいるため、サーナイトの採用は難しいのです。

 

では、どうすればすり抜け地獄を抜け出すことができるのでしょうか?

 

もっともシンプルな対策は、ゴールキーパーを配置することです。

 

ゴールキーパーさえいれば、メガゲンガーのすり抜けで勝負が決まってしまうことはなくなります。

 

ただ、それでもエントリーポイントが潰されることは避けられません。

 

また、好戦的なプレイヤーは『スピーダー』を使って早々に勝負を決めようとしてくるので、ゴールキーパーは必ず高火力アタッカーにしておきましょう。

 

もっと安全を考えるのなら、『ゴールブロック』を採用したほうがいいかもしれません。

 

守りばかりの対策は好きではない・・という方は、もっとシンプルな対策があります。

 

それは、ゲンガーが出てきたらメガシンカされる前に倒すというものです。

 

こっちのほうが分かりやすくていいかもしれませんね。

 

現在は『スピーダー』という便利なプレートもあるため、それほど難しい話ではありません。

 

メガゲンガーデッキ考察

さて、すり抜け地獄はさきほど紹介した内容で終わりではありません。

 

ゲンガーは他の『ゴースト』タイプとは違い、もっと厄介な能力を秘めています。

 

それは、『どく』『どくどく』状態のポケモンをすり抜けると気絶させることができる点です。

 

これはもう、パワーバランスが崩れるぐらいの能力といえるでしょう。

 

つまり、メガゲンガーデッキを強化するためにガマゲロゲが投入されてきます。

 

ガマゲロゲの特性『どくしゅ』は、戦闘終了後に必ず相手を『どく』状態にできるため、ゲンガーの能力と相性がいいです。

 

クロバットも採用すれば、『どく』状態のダメージを更に-20にすることもできます。

 

こういったポケモンをサポートに出して、『どく』状態になったポケモンをゲンガーがすり抜けて気絶させるのです。

 

メガシンカばかりがゲンガーの強さではないのも、メガゲンガーデッキの強みなのです。

 

スポンサーリンク

対策まとめ

『どく』状態にされてしまうと、バトルでゲンガーを倒すことは難しくなります。

 

なので、侵入してくるゲンガーを考慮し、対策可能なポケモンを温存できるかがメガゲンガーデッキ攻略のカギとなるでしょう。

 

そして、何より大事なのはフィギュアの配置です。

 

どんなに優れたすり抜け効果を持っていても、どうしても攻め込みづらい状況というものが存在します。

 

その状況を作り出しやすいのは、6VS6の時です。

 

自分のコマを相手よりも多くする工夫こそ、すり抜け最大の対策となります。

 

ホウオウの特性『てんのひかり』も、そういった意味では効果的といえるかもしれません。

 

スポンサーリンク

人気記事

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る