ポケットモンスターサン・ムーンで登場する新ポケモン『ヤングース』が公開されました。

 

スポンサーリンク

ヤングース

分類

うろつきポケモン

高さ

0.4m

重さ

6.0kg

タイプ

ノーマル

特性

はりこみ

がんじょうあご

進化経路

ヤングースデカグース

特徴

ヤングースは、もともとアローラ地方には生息していなかったポケモン。

 

あるポケモンが大量発生したときに、その対策として連れてこられ、今ではアローラ地方でよく見られるポケモンになる。

 

長い胴体の中は大半が胃袋で、とても大食い。

 

頑丈なキバで、どんな固いものでも噛み砕いて食べる。消化が早いので、常に空腹状態。

 

ヤングースは、それぞれエサを探すルートを決めている。

 

歩きまわってエサを探し、疲れるとその場で寝てしまう。

 

ルートを決めているのは、安全を確認した場所であれば、いつでも寝られるためだと考えられている。

 

アローラ地方に大量に生息しているポケモンのため、捕まえることは簡単。

 

ただし、空腹を感じると気性が荒くなるので、エサ代が多くかかるポケモンでもある。

 

スポンサーリンク

ヤングースの評価

新特性『はりこみ』は、交代して出てきたポケモンに対して2倍ダメージを与えることができます。

 

技『おいうち』とは違い、常に発動しているものなので、高確率で2倍を狙うことが可能です。

 

『すばやさ』が速いポケモンが『きあいのタスキ』で耐えた時、『でんこうせっか』などを読んで次のターンに戻ることがあります。

 

そこで強力な技を繰り出せば、出てきたポケモンを一撃で倒すことも可能です。

 

サンムーン新ポケモン一覧に戻る

スポンサーリンク