ポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンで登場する新ポケモン『バクガメス』が公開されました。

 

スポンサーリンク

バクガメスのデータ

分類

ばくはつがめポケモン

タイプ

ほのお、ドラゴン

高さ

2.0m

重さ

212.0kg

特性

シェルアーマー(相手の攻撃が『きゅうしょ』に当たらない)

トラップシェル(ターンの初めに発動でき、そのターンに物理攻撃を受けると爆発してダメージを与える)

紹介文

火山に生息し、噴火口付近の硫黄などを食べるため、甲羅に硫黄を主成分とした爆薬の層がある。

 

衝撃を受けると、甲羅のトゲから火花を散らし引火、爆発する。

 

バクガメスは、火山付近の岩に擬態して獲物を待つ。

 

獲物が甲羅に乗ったところを見計らい、尻尾で甲羅をたたき、爆発させる。

 

バクガメスは、背中で起こした爆発の爆風をお腹にある穴から逃がす。

 

ここは、バクガメスの弱点で、攻撃を当てられると大きなダメージを受けるのだ。

 

スポンサーリンク

バクガメスの評価

『ほのお』『ドラゴン』は、『こおり』に弱いドラゴンというイメージを払拭することができる組み合わせです。

 

過去作ではレシラム、メガリザードンXの2匹しか持たないタイプなので、ポケモンファンの注目度が高い1匹のようです。

 

『トラップシェル』は、『まもる』の類似技のようです。

 

『キングシールド』、『ニードルガード』に続くガード技ですが、『ニードルガード』よりもダメージを稼ぐことができそうです。

 

対象のアバゴーラには『こうかはいまひとつのようだ』となりましたので、『ほのお』か『ノーマル』技である可能性が高いです。

 

『じばく』も『ノーマル』技なので、こちらのほうが信憑性が高い気はします。

 

しかし、『みず』タイプのアバゴーラを採用したのなら、『ほのお』技である可能性も捨てきれません。

 

また、バクガメスは『りゅうのはどう』のような技も使用していました。

 

何故、断定しない表現を使うのかというと、『りゅうのはどう』よりは細い波動だったからです。

 

しかし、色は似ていることから、『ドラゴン』タイプの技である可能性は高いです。

 

ただし、『りゅうのはどう』のエフェクトが変更されたのなら、話は変わってきます。

 

公式からの更なる続報を待ちましょう。

 

サンムーンの新ポケモン一覧に戻る

スポンサーリンク