ポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンの最新情報がコロコロコミック10月号で紹介されました。

 

イワンコの進化形『ルガンガン』が初登場します。

 

スポンサーリンク

イワンコとは

イワンコとは、通例となっている初回から登場する犬型ポケモンです。

 

コロコロ新連載の主人公のパートナーとして起用されたことでも、注目を浴びていました。

 

さらに、『小さな体に秘密が・・・』と意味深の書き方がされており、進化が多岐になるのでは?と噂がありました。

 

イワンコのデータは、こちらの記事で詳しく紹介しています▼

新ポケモン『イワンコ』

 

ルガンガンのデータ(まひるのすがた)

分類

オオカミポケモン

タイプ

いわ

高さ

0.8m

重さ

25.0kg

特性

するどいめ(命中率を下げられない。また、相手の回避率の上昇を無視できる)

すなかき(天候が『すなあらし』のとき、『すばやさ』が2倍になる)

得意技

アクセルロック 40(優先度+1の『いわ』タイプ)

紹介文

まひるのすがたのルガルガンは、相手を翻弄(ほんろう)する素早い動きが特徴。相手の攻撃をかいくぐり、すれ違いざまにたてがみの鋭い岩で攻撃する。

 

ルガルガンは、岩山や砂漠で群れを作らずに生活している。

 

それぞれが縄張りを持ち、無駄な戦いを避けるため、お互いに干渉しないように生活している。

 

イワンコは、太陽のエネルギーを強く受けて成長するとまひるのすがたに進化する。

 

ポケットモンスター サンの世界では、ソルガレオの影響を受けて、まひるのすがたに進化する。

 

トレーナーの指示は従順に受け入れる。特に、進化直前の反抗期を受け入れてくれたトレーナーのことは絶対に裏切らず、頼もしい相棒となってくれる。

 

ルガンガンのデータ(まよなかのすがた)

分類

オオカミポケモン

タイプ

いわ

高さ

1.1m

重さ

25.0kg

特性

するどいめ(命中率を下げられない。また、相手の回避率の上昇を無視できる)

やるき(『ねむり』状態にならない)

得意技

カウンター(物理攻撃を受けた場合、2倍にして跳ね返す)

紹介文

まよなかのすがたのルガルガンは、相手を挑発するように間合いを詰めて攻撃を誘う。

 

釣られて攻撃してきた相手を、カウンターによって一撃で仕留める戦い方を得意とする。

 

手ごわい相手ほどやる気がみなぎり、勝利のためには自分が傷つくこともいとわない。バトルになると興奮し、瞳が発光する。

 

イワンコは、進化するときに月のエネルギーを強く受けて成長するとまよなかのすがたに進化する。

 

ポケットモンスター ムーンの世界では、ルナアーラの影響を受けて、まよなかのすがたに進化する。

 

自分の納得しない指示や戦いを強いるトレーナーのことは軽蔑し、見下す。

 

反対に、自分の力を引き出してくれるトレーナーには、厚い信頼を寄せる。

 

スポンサーリンク

ルガンガンの評価

イワンコの進化形。

 

完全なる狼となっており、グラエナよりも勇ましい体つきをしています。

 

しかも、その姿は2種類あります。

 

『まひるのすがた』『まよなかのすがた』が存在し、進化する時間によって姿が異なるようです。

 

ポケットモンスターサンとポケットモンスタームーンでは、時間差が12時間もあります。

 

サンでは『まひるのすがた』、ムーンでは『まよなかのすがた』に進化させやすい環境といえるでしょう。

 

そして、『まひるのすがた』はサン、『まよなかのすがた』はムーンでしか進化しない限定進化のようです。

 

『まひるのすがた』は『アクセルロック』、『まよなかのすがた』は『カウンター』を覚えます。

 

『アクセルロック』は、ルガンガン専用の先制ワザです。

 

ついに、『いわ』の先制ワザが登場です。

 

しかも、『まひるのすがた』は『すなかき』で『すばやさ』を2倍にできるので、『ファイアロー』より先制して弱点を突けてしまいます。

 

『まよなかのすがた』は特性『やるき』なので、『ダークホール』などの対象にはなりません。

 

『カウンター』を得意技とするポケモンなので、おそらく耐久型として優秀だと思います。

 

サンムーンの新ポケモン一覧に戻る

スポンサーリンク