ポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンの最新映像が公開されました。

 

新ポケモン『ナゲツケサル』が初登場します。

 

スポンサーリンク

『ナゲツケサル』のデータ

分類

れんけいポケモン

タイプ

かくとう

特性

レシーバー

紹介文

ナゲツケサルは、きのみを投げて攻撃する。

 

仲間と連携してパスを繰り返し、相手をかく乱することもある。

 

硬いきのみを相手に投げつけるだけでなく、柔らかいきのみで相手の視界を奪うようなテクニックも持っている。

 

ボスを中心とした20~30匹の群れで暮らし、ボスと調子のよい10匹でエサを求め行動する。

 

群れの結束は固く、群れを識別するための腕のマークはボスが決める。

 

群れの連携力や、きのみを投げる技術は、ボスが訓練して身に着けさせる。

 

その訓練は非常にハードで、逃げだすものもいるようだ。

 

トレーナーに対してもボスの資質を求める。

 

トレーナーのモンスターボールを投げるフォームをよく見ており、フォームが悪いトレーナーの命令は聞かない。

 

スポンサーリンク

ナゲツケサルの評価

『レシーバー』は、ダブルバトルで効果がある特性です。

 

味方が倒れたとき、その特性を引き継ぐことができます。

 

倒れたポケモンがケンタロスだったら、ナゲツケサルは『レシーバー』の特性によって『いかく』を引き継ぎ、その効果を発揮します。

 

引き継げない特性があるのかは分かりませんが、最初に思いつくのは『ふしぎなまもり』でしょうか。

 

なんであれ、ナゲツケサルには色々な有効活用がありそうです。

 

サンムーンの新ポケモン一覧に戻る

スポンサーリンク