2018年10月28日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第94話『ゴーストポケモン大集合!みんなのお化け屋敷!!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第94話『ゴーストポケモン大集合!みんなのお化け屋敷!!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

スイレンの妹であるホウとスイは、テレビで見たお化け屋敷に興味津々です。

 

サトシたちはオーキド校長の許可をもらい、夜のポケモンスクールでお化け屋敷を行うことになります。

 

たまたま来ていたアセロラもお化け役として加わっていたのですが、なんと本物のゴーストポケモンたちが寄ってきてしまいました。

 

その中のムウマージが、サトシたちを夢の世界に誘ってしまいます。

 

覚めることのできない夢の世界に翻弄されるサトシたちでしたが、ポケモンスクールで寝泊まりしているネッコアラが鐘を鳴らしてくれたおかけで目を覚ますことができたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第94話の感想

結局、1番怖かったのはスイレンだったというオチは、なかなか面白かったですね。

 

マオがお菓子を食べすぎてマーマネみたくなる、貴重な回でもありました。

 

そして、今回の事件を解決したのはネッコアラの手柄であり、オーキド校長の指示ではありませんでした。

 

つまり、もう少しで監督責任を問われる事態になるところだった事件ともいえるでしょう。

 

さて、来週は『ヴェラ火山、ゴローン ゴローニャ やまおとこ!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る