2019年6月16日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第126話『ピカチュウのドキドキ探検隊!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第126話『ピカチュウのドキドキ探検隊!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

サトシとニャヒートは、セレビィの『ときわたり』で現代から消えてしまいました。

 

そうとは知らず、ピカチュウ、ルガルガン、モクロー、メルタンはあちこち探しまわります。

 

しかし、なかなか見つからないため、ライドポケモンのガブリアスに手伝ってもらうことにします。

 

すると、ガブリアスはピカチュウたちをラナキラマウンテンに連れていきます。

 

そこから大冒険をしながらサトシを探しますが、やはり見つけることはできませんでした。

 

お腹がすいたので木の実を食べようとしていると、時空の切れ目からサトシとニャヒートが現れました。

 

ピカチュウたちは、ようやくサトシに出会うことができたのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第126話の感想

ナレーションの堀内賢雄さんが、ピカチュウたちの心の声を担当するという前代未聞の回となりました。

 

わざとなりきらないことを意識しているのか、かなりハチャメチャな心の声だったので余計に笑えましたね。

 

ある意味、サンムーンらしい構成だったといえるかもしれませんね。

 

さて、来週は『グラジオとリーリエ!父の幻影を追って!!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る