2019年6月9日に放送されたポケモンアニメサン&ムーン第125話『サトシ、時を超えた出会い!』の内容と感想の記事になります。

 

スポンサーリンク

第125話『サトシ、時を超えた出会い!』の内容

『出典・ポケットモンスター公式サイト』

 

サトシとニャヒートは、アローラリーグに向けて特訓していました。

 

すると、偶然通りかかったセレビィの『ときわたり』に遭遇し、過去に飛ばされてしまいます。

 

そこで、サトシは少年時代のククイ博士とガオガエン(ニャビー)に出会います。

 

少年はガオガエンの帽子をかぶっていたので、サトシは『ガオ』とニックネームをつけ、一緒にポケモンバトルを楽しみました。

 

すると、ガオが仲良くしているオーロットを紹介してもらえます。

 

オーロットはぬしポケモンであり、ガオにホノオZを渡したポケモンでもありました。

 

サトシもオーロットの悩みを解決したことで、ホノオZをもらうことができました。

 

しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、ガオが見ていないうちにサトシとニャヒートはセレビィの力で現代に戻っていったのでした……。

 

To Be Continued

スポンサーリンク

第125話の感想

なんと、ククイ博士がポケモンリーグを開催したい動機を与えたのは、サトシだったようですね。(ポケモンマスターのことは忘れてしまった?)

 

なんであれ、これでサトシはホノオZも入手することができました。

 

これは、アローラリーグでガオガエンに進化するかもしれませんね。

 

さて、来週は『ピカチュウのドキドキ探検隊!』です、お楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事

ポケモンアニメ『サン&ムーン』一覧に戻る

ポケモンアニメ『XY&Z』一覧に戻る