2016年6月5日に放送されたポケんち第35回の内容と感想の記事になります。

 

今回は、マギー審司さんがマジックを披露してくれました。

 

スポンサーリンク

ポケんち第35回の内容

ポケんちには、しょこたんとヒャダインさんしかいません。

 

しょこたんは『ボルケニオンと機巧のマギアナ』で『ラケル王子』役を演じるということで、男の子ボイスを目指していると、ヒャダインさんに話しています。

 

そのために、リュックサックにおもりを入れて筋トレしている、などの努力を告白。

 

その時、あばれる君が部屋から出てきました。

 

マギアナの格好をした『いがぐりのマギアバ』が登場です。

 

マギアナに似せるため、ドレスアップをしているためか、しょこたんとヒャダインさんには不評。

 

そんな中、りんかさんが帰宅。しかし、なにやら落ち込んでいる様子。

 

 

そんなりんかさんを励ますため、あばれる君がポケギャグを披露。

 

「ヤドラン、オクタン、ぼく長男!」

 

今まで1番面白いと、しょこたんとヒャダインさんには好評価。

 

りんかさんも笑っていましたが、与えられた設定を守るため無反応を決め込みます。

 

すると、あばれる君は玄関から出ていきます。

 

代わりにやってきたのは、日本伝統である『からくり人形』でした。

 

ただし、その顔は笑顔のあばれる君であり、明らかに異様。

 

その手にはジュースの入ったカップがあり、ゆっくりと入ってきます。

 

しかし、玄関のドアにある段差で躓き、からくり人形の顔が取れるというハプニングに。

 

あばれる君は自分の顔を拾うなり、見つめています。(BGMに鬼束ちひろさんの月光が流れます)

 

りんかさんも大爆笑の事件でしたが、やはり設定のため、最後には不機嫌に。

 

あばれる君のからくり人形を「うるさいっ」と言って終わる予定でしたが、本音がでたのか「きもっ・・・うるさい」とコメント。あばれる君が激しく指摘します。

 

どうやら、中間テストの点数が悪かったようで、ご機嫌斜めのりんかさん。

 

すると、あばれる君がポケだちを呼んでりんかさんの機嫌を直すことに。

 

からくりのマギシンことマギー審司登場

「びっくりして耳がでっかくなっちゃった」を「びっくりして耳がメガシンカ」に変えて登場してくれたのは、マギー審司さん。

 

手始めに、マギアナが手から花を出すのと同じマジックで、りんかさんと驚かせます。

 

ふゆうマジック

特性『ふゆう』に、ちなんだマジック。

 

みかんを浮遊させるマジックですが、明らかにプシュっと刺さったような音が・・・。

 

親指でみかんを指すという、子供だましのマジックでした。

 

しかし、次はフライゴンのポケモンカードを浮遊させると言います。

 

確かに、浮遊しているように見えます。

 

仕掛けは、袖に通した割り箸とカードを固定させるという簡単なものでした。

 

すりぬけマジック

特性『すりぬけ』に、ちなんだマジックです。

 

つまようじを2本使います。

 

それを親指と人差し指に挟み、両方の手に持ちます。

 

普通なら、つまようじとつまようじが通ることはありません。

 

しかし、マギー審司さんはいとも簡単にすり抜けさせました。

 

誰もが分からない状況の中、りんかさんが分かったようで、実際にやってみることに。

 

自信満々につまようじとつまようじを近付けると、通り抜けられず片方のつまようじが吹っ飛びました。

 

「ナハハハハハ♪」

 

設定をすっかり忘れ、超ご機嫌です。

 

もう1度やってみると、今度はうまくできました。

 

「からくリンカ」ですよ、としゃれたことを言って締めました。

 

このマジック、実は技術の必要なマジックなんです。

 

つまようじの先端を折ることで、持ち続けると指にくっ付きます。

 

なので、指を放すと片方だけ隙間が空きます。

 

その隙間を最小限にし、素早く通すことですり抜けているように見えたのです。

 

テレポートマジック

特性『テレポート』に、ちなんだマジックです。

 

割り箸の先端に黒い丸を書きます。

 

それを両面に書きます。

 

その丸が、指を鳴らすと消えてしまうのです。

 

実は、片面は書いたふりなんです。

 

見せる時、手元でひねり、うまいこと表の割り箸しか見せていなかったのです。

 

小学生のポケだち

田村真彩ちゃん(10)と田村歩睦くん(8)の田村姉弟が遊びにきました。

 

好きなポケモンは姉がルカリオ、弟がルギアだそうです。

 

ポケんちに、絵のプレゼントを持ってきてくれました。

 

しょこたんがニンフィア、りんかさんがリザードン、ヒャダインさんがランドロス、あばれる君がカイリキーです。

 

さて、今日はポッ拳対決です。

 

ヒャダインさん(スイクン)VS田村弟(マスクド・ピカチュウ)です。

 

田村弟は初手にラプラスを使い、それを利用して距離を詰めます。

 

その後、フルボッコです。

 

ヒャダインさん、ほぼ何もできずにOKされます。

 

あばれる君(ダークミュウツー)VS田村姉(マニューラ)です。

 

あばれる君は大人げない選択ですが、バーストアタックを決められてまさかの敗北です。

 

対戦の感想を聞かれ「楽勝だった」「思ってたよりも」などと言われ、悔しがるヒャダインさんとあばれる君でした。

 

スポンサーリンク

ポケんち第35回の感想

今日は、あばれる君が絶好調だった気がします。

 

そもそもの格好が異様だったので、何をしても笑えてしまうのかもしれませんね。

 

 

そして、先週から続くりんかさんの設定。

 

番組の方針なので、あまり突っ込むべきところではないのでしょうが・・・。

 

りんかさんが情緒不安定みたいに見えるので、どうなのだろうと言う気がしなくもありません。

 

それより、ポケモンの知識を深めるくだりはもうしないのでしょうか?

 

ポケ・チャンなどでバトルの基礎をやっているのなら、ポケんちでもポケモン初心者のりんかさんを取り上げれば、どちらの視聴率も上がるような気がしますね。

 

 

さて、来週はあばれる君のオニゴーリの気持ちを理解する特集のようです。お楽しみに。

 

関連記事

ポケんち第36回の感想!あばれる君がオニゴーリの気持ちを理解する

ポケんち一覧に戻る

スポンサーリンク