フィギュアによっては「この紫ワザが違う効果なら良かったのに……」と思うこともあるでしょう。

 

もし、ワザを入れ替えられるようになったら、今よりも戦術の幅が広がると思います。

 

スポンサーリンク

ワザを入れ替えられるメリット

ワザを入れ替えられるようになったら、デッキのテーマに合わせたフィギュアを揃えやすくなります。

 

例えば、フシギバナの紫ワザは『ねむりごな』です。

 

しかし、これだと特性『ケミカルかふん』には影響しません。

 

なので、『ねむりごな』の他に『どくのこな』という選択肢があれば、テーマに沿ったデッキ構築も可能となるのです。

 

欲を言えば紫ワザを金ワザに変えたり、金ワザを青ワザにしたり……と言いたいところですが、それだとフィギュアの個性が変わりますので、同色のワザのみ変更が妥当なところでしょう。

 

同色だけでも、結構、面白い環境になると思います。

 

マルマインの『でんじは』を『じばく』、ミュウツーの『サイキックブロー』を『テレポート』、ミロカロスの『マジックコート』を『ミラーコート』……といった選択肢を設けるだけでも、フィギュアの役割が変わってくるので楽しめそうですね。

 

まとめ

白ワザの入れ替えは、『追加効果がある白ワザ』か『高火力の白ワザ』といった選択肢にすれば良いと思います。

 

金ワザと青ワザは種類が少ないので難しいところですが、白ワザと紫ワザぐらいなら選択肢があったほうが面白い環境になるかもしれませんね。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク