公式インフォメーションで新たなフィギュアが登場すると紹介されています。

 

そのポケモンは、どうやら空前絶後の超火力金ワザ持ちのようです。

 

スポンサーリンク

空前絶後の超火力金ワザ持ちは誰?

『出典・ポケモンコマスター公式ツイッター』

 

こちらの画像が、空前絶後の超火力金ワザ持ちが売りのフィギュアとなります。

 

『高火力の金ワザ』『ドラゴンのような出で立ち』から、おそらくメガレックウザである可能性が濃厚といえるでしょう。

 

つまり、空前絶後の超火力金ワザは『ガリョウテンセイ』のことみたいですね。※実際は白ワザであり、金ワザが『しんそく』となりました。

 

さて、気になるのはその威力です。

 

メガシンカは進化ボーナス+10、特性効果+20なので、120ダメージでも150ダメージとなります。

 

ただし、メガルカリオの金ワザが140ダメージなので、たった+10で空前絶後という言葉を使ってはいけないでしょう。

 

なので、期待すべきは200ダメージ(170+30)ですね。

 

とはいえ、実際に200ダメージは太刀打ちできないので、メガボスゴドラと同じ170ダメージ(140+30)ぐらいが妥当なところでしょう。

 

青ワザに強い特性を持つ

メガレックウザは、青ワザに強い特性を持っているようです。

 

唯一、金ワザを防げるのは青ワザなので、『うちこわし』のような特性をつけられたら、メガレックウザの金ワザはほぼ100%の確率で相手を倒すことができるようになります。

 

こうなると、特性で防ぐしかありません。

 

ルカリオコバルオンがデッキにいないと、メガレックウザの対策は困難となるでしょう。

 

ドラゴンタイプを強化できる

また、味方の『ドラゴン』タイプを強化することもできるようです。

 

本来、メガシンカすると自分のタイプ+10となります。

 

にも関わらず、わざわざ強化と明記しているということは、どうやらそれ以外の効果が期待できるようですね。

 

今度は、『ドラゴン』デッキが人気となりそうです。

 

色違いからはメガシンカできない

さて、ここで注意しなければならないのは、通常色と色違いの進化経路は違うという点です。

 

つまり、色違いのレックウザから通常色のメガレックウザにはメガシンカできないということです。

 

色違いのレックウザのほうが通常よりも優れているので、通常色を採用しなければならない点がメガレックウザのデメリットとなりそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

これは、再びチルタリスデッキが流行るかもしれませんね。

 

『ひこう』『ドラゴン』を強化できるため、メガレックウザもその対象となるからです。

 

これなら、空前絶後の超火力金ワザ持ちと評価されてもおかしくはないでしょう。

 

実際にどれほどの力なのかは、7月上旬のメンテナンス後に明かされるようです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク