青ワザは、すべてのワザに勝つことができます。

 

しかし、現環境だとミスとして扱われるシーンが多くなりました。

 

スポンサーリンク

青ワザの役割が薄れつつある

青ワザの役割は、相手の攻撃をブロックすることです。

 

敵の進行を防ぐ使い方もできますが、こちらがゴールを狙うとき、相手からの攻撃を回避して勝ち逃げする……といった使い方もできます。

 

かつては、テラキオンぐらいしか青ワザを突破する術がなかったため、ワザピースに青ワザが入っていると有利でした。

 

しかし、現在は青ワザをミスに変える特性が多く登場しています。

 

これだけならまだ良かったのですが、Zワザが登場したことで誰でも青ワザを突破することができるようになりました。

 

そのため、青ワザの面積が広ければ広いほどミスに変わってしまうのです。

 

面積4の青ワザのみ有効

ただし、『かわす』のような面積4の青ワザは、現環境でも有効といえるでしょう。

 

コマスターで『マヒ』『やけど』状態になると、ワザピースの1つがミス扱いになります。

 

つまり、『かわす』があれば最低限の被害で済むことができるのです。

 

面積4ぐらいなら、青ワザをミスにする特性の影響も受けにくいので問題ない、というわけです。

 

スポンサーリンク

まとめ

もちろん、青ワザのすべてがダメなわけではありません。

 

青ワザにも追加効果を持つものがあるため、使い方によってはうまく相手を翻弄することができます。

 

とはいえ、Zワザに弱いのも事実といえます。

 

青ワザを持っているからといって、無暗にゴールキーパーにすると痛い目に遭うこともあるのです。

 

コマスター最強デッキ考察

コマスターのトップページに戻る

スポンサーリンク