2016年4月21日。XY&Zの第23話『サトシとアラン!ゲッコウガVSメガリザードンふたたび』が放送されました。

 

この放送では『ポケモン総選挙』をTVでも投票可能でした。

 

スポンサーリンク

ポケモンアニメXY&Z第23話の内容

とあるポケモンセンターに訪れたサトシたち。

 

すると、シトロンはサトシとゲッコウガに起こる現象について調べると言い出します。

 

「シトロニックギア・オン!!」と出てきたのは、シトロイドミニ。

 

これはサトシとゲッコウガの今までの分析をモニターに出す装置であり、解析していくものでした。

 

その分析結果から、シトロンは心理的要因を指摘。

 

シンクロすることで、行動も似てくるのでは?と仮説を立てます。

 

ものは試し。ということで、実際にバトルとなります。

 

もう1つのシトロニックギアで出てきたのは、バトルパルス測定器。

 

これにより、脳波を測定。サトシとゲッコウガの身に、何が起こっているのかを知ることができます。

 

戦ってみますが、いつもの現象は起こりませんでした。

 

すると、アランが偶然やってきます。

 

前回、アランと戦った時にもあの現象は起こりました。もしかすると・・・。

 

サトシは、アランにバトルを申し込みます。

 

快く承諾したアランは、サトシのゲッコウガがポケモンセンターで回復するまで、違うポケモンでバトルすることになります。

 

サトシが出したのはオンバーン。アランはメタングを繰り出します。

 

相性が悪い中、オンバーンは『ちょうおんぱ』や『ばくおんぱ』を駆使して奮闘します。

 

しかし、メタングの『メタルクロー』に『アクロバット』は敵わず、負けてしまいます。

 

ちょうど良いタイミングでゲッコウガが回復。リザードンとの再戦が実現します。

 

これでもか、というほどに『いあいぎり』で攻めまくるゲッコウガ。

 

たまらず、リザードンはメガシンカ。

 

これまた、愚直なまでに『かみなりパンチ』を放ち、ゲッコウガを吹っ飛ばします。

 

ピンチになったとき、ようやくサトシとゲッコウガがシンクロします。

 

その時、バトルパルス測定器から映写された画面には、2つのパルスが1つに重なっていました。

 

戦いは均衡。ゲッコウガのダブル『いあいぎり』とメガリザードンXのダブル『ドラゴンクロー』が激しくぶつかります。

 

メガリザードンXが片方の爪でゲッコウガを攻撃した時、サトシは今までにない感覚に襲われます。

 

「動けない・・・」

 

そのあと、サトシはその場に崩れます。

 

夢の中で、ゲッコウガが現れました。何を話しても答えず、そのままどこかへ行ってしまいます。

 

目が覚めると、みんなが心配そうに見つめていました。もちろん、ゲッコウガも。

 

アランとのバトルはお預けとなりましたが、またの再開を約束して別れます。

 

次の朝、サトシは「オレはゲッコウガになる」と宣言。

 

今まではポケモンたちに強くなってもらっていましたが、これからは自分が強くなることが必要だと感じたゆえの言葉でした。

 

ゴジカのいう『誰も見たことのない更なる高みの未来』を目指して。

 

スポンサーリンク

ポケモンアニメXY&Z第23話まとめ

さて、アランはいつの間にメタングをゲットしたのでしょうか?

 

リザードン一筋かと思いきや、何故か退化系のメタング。

 

これは、ダイゴのメタグロスに憧れを抱いてゲットしたという解釈でいいのでしょうか。

 

何より、さすがサトシ。数々の名言を残してくれますが、ここにきて「オレはゲッコウガになる」宣言です。

 

ついに、ポケモンにメガシンカすることを表明してくれました。ポケモントレーナーの鑑ですね。

 

今後も、サトシの言動に期待しましょう。

 

来週は『森の呪いと白いボクレー!』です、お楽しみに。

 

アニメ一覧に戻る

スポンサーリンク