2016年5月2日に『ジョウトオープン』のインターネット大会の発表がありました。

 

『ジョウトオープン』のパーティ考察、対策ポケモンなどを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

『ジョウトオープン』のルール

対象ゲームソフト

『ポケットモンスターオメガルビー』『ポケットモンスターアルファサファイア』

エントリー期間

2016年5月19日(木)14:00~27日(金)8:59

※1つのアカウントに『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』の2本を登録されている場合、両方のソフトでのエントリーが可能です。

※参加するゲームソフトごとにエントリーが必要です。

開催期間

2016年5月27日(金)9:00~30日(月)8:59

定員数

全世界 先着5万名様 (予定)

※エントリー受付は先着順です。定員に達した場合、エントリー期間内でも受付を終了する場合があります。

※大会開始後のエントリーはできません。エントリー受付期間内に、エントリーを完了させてください。

カテゴリー

ジュニア 2001年1月1日以降生まれ

マスター 2000年12月31日以前生まれ

※ジュニアカテゴリは、23:00~翌6:00までは対戦ができません。

ランキング結果発表

2016年6月中旬予定

参加者プレゼント

アカネのミルタンク

Lv. 20

特性 きもったま

技 ころがる メロメロ ふみつけ ミルクのみ

条件 3戦以上

受け取り日 6月中旬予定

対戦ルール

バトル形式

シングルバトル

使用できるポケモン

全国図鑑No.001~251のポケモン

ただし、ミュウツー、ミュウ、ルギア、ホウオウ、セレビィを除く。

※3DSダウンロードソフト『ポケムーバー』を使って、DSソフト『ポケットモンスターブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』から連れてきたポケモンを、そのまま使用することができます。

★くわしくは、後日公開されるレギュレーションページをご確認ください。

バトルボックスに登録するポケモン

レベル1~100までのポケモン3~6匹

※レベル50を超えるポケモンは、対戦時に自動的にレベル50になります。

どうぐについて

この大会では、ポケモンに各種メガストーンを持たせることができません。

1試合の対戦時間

最大30分

対戦に出すポケモンの選択時間

90秒

1ターンあたりの選択時間

60秒

1日あたりの対戦可能回数

15戦

※残った対戦数は、翌日以降に繰り越して対戦可能です。1日の切り替わるタイミングは、UTC午前0時(日本時間の午前9時)です。

 

『ジョウトオープン』で活躍するポケモン(カントー編)

御三家

『フシギバナ』『リザードン』『カメックス』はメガシンカできないので、他の大会よりは出てこないかもしれません。

 

ただし、『キュウコン』の『ひでり』の天候パーティもあるので、『フシギバナ』『リザードン』がいると、ほぼ確実に天候パーティ狙いでしょう。

 

最速でんき

『ライチュウ』『サンダース』がでてくると『氷めざめるパワー』持ちであることは確実です。

 

ピクシーとラッキー

『ちいさくなる』でどんどん回避率を上げてきます。

 

『ちょうはつ』『一撃必殺』などの対策が必要です。

 

ピクシーは『はがね』、ラッキーなら『ゴースト』か『かくとう』を用意しておくのも良いでしょう。

 

ピクシーは『マジックガード』の場合もあるので、状態異常の選び方は注意しましょう。

 

モルフォン

使用プレイヤーは少ないでしょうが、『モルフォン』が出てくると『きあいのタスキ』であることは間違いありません。

 

『ちょうのまい』と『バトンタッチ』で強化を狙ってきます。

 

パルシェン

シングルなら、『からをやぶる』『おうじゃのしるし』コンボは強力です。

 

先制攻撃など対策が必要です。

 

ゲンガーとフーディン

メガシンカできずとも、『とくこう』枠では最高クラスです。

 

『きあいのタスキ』持ちでワンチャンスを狙ってくるでしょう。

 

ギャラドスとカイリュー

『りゅうのまい』をされると無双です。

 

『でんき』『こおり』技は、パーティの中であったほうが良いでしょう。

 

メタモン

シングルなので、採用は十分考えられます。

 

1対1だと負ける可能性があるので、控えを温存しておく必要があります。

 

フリーザー

『こころのめ』『ぜったいれいど』はカントークラシックでも活躍していました。

 

今回の登場も十分あり得るでしょう。

 

サンダー

『おいかぜ』『はねやすめ』『どくどく』などが定番なサンダー。

 

防御型として採用は固そうです。

 

『ジョウトオープン』で活躍するポケモン(ジョウト編)

御三家

隠れ特性が解禁したので、バクフーン、オーダイルは暴れそうです。

 

天候パーティでバクフーンが『ふんか』すると、手がつけられません。

 

クロバット

『ジョウト』内で最速です。

 

『おいかぜ』要員として現れるでしょう。

 

ランターン、ニョロトノ、キングドラ

この辺が出てきたら、水の天候パーティであるのは確実です。

 

ニョロトノの『あめふらし』でキングドラの『すいすい』を発動させ、高火力の『ハイドロポンプ』で圧倒するのは定番です。

 

マリルリ

『はらだいこ』『オボンのみ』があまりに定番ですが、成功すると無双です。

 

シングルバトルなので、そうとう出てくるでしょう。

 

ブラッキー

防御型として居座ります。

 

『どくどく』『ちょうはつ』『つきのひかり』『イカサマ』が定番です。

 

ハッサム

『いのちのたま』持ちで出てくる可能性は大です。

 

ピクシー対策などで採用されるかもしれません。

 

エアームド

『ステルスロック』『てっぺき』『ほえる』『はねやすめ』でじわじわ攻めてきます。

 

『とくしゅ』の『ほのお』は必要不可欠です。

 

ドンファン

『じゃれつく』や死に際の『こおりのつぶて』で活躍しそうです。

 

ドーブル

多くのトレーナーを苦しめてきたポケモン。

 

シングルなら、『キノコのほうし』『ムラっけ』『バトンタッチ』で後のポケモンを強化してくるでしょう。

 

ハピネス

『ラッキー』同様に『ちょうはつ』や強力な『かくとう』技が必要。

 

それができないと、回避率がどんどんあがっていきます。

 

ライコウ

攻撃型か防御型かが読みにくいポケモン。

 

『サンダース』や『ライチュウ』よりも需要が高まりそうです。

 

スイクン

過去作からも連れてこられるので、『ぜったいれいど』のスイクンが出られます。

 

バンギラス

天候パーティが予想されるので、『すなおこし』は重宝されるでしょう。

 

パーティの考案に不可欠な要素

次の対策を怠ると、勝ち残るのは厳しくなるでしょう。

  1. 『ラッキー』『ハピネス』対策
  2. 『ピクシー』対策
  3. 『エアームド』対策
  4. 『ドーブル』対策
  5. 『天候』対策

他にも対策は必要ですが、ここを抑えているだけで勝率はかなり違ってきます。

 

ポケモンの共通の対策は『ちょうはつ』です。

 

ただ、ドーブルは『こだわりスカーフ』持ちの場合もあるので、本当に厄介なポケモンです。

 

でも大丈夫です。『キノコのほうし』なので、『くさ』タイプのポケモンの採用で無効化できます。

 

ひねくれて『ダークホール』持ちだった場合、そのバトルは諦めたほうがいいでしょう。

 

 

天候パーティの人気順なら、『ほのお』が1位、『みず』が2位でしょう。

 

天候パーティにする気がなくても、『ほのお』タイプと『みず』タイプがいたほうがバトルを有利にできます。

 

スポンサーリンク

『ジョウトオープン』のサンプルパーティ

慣れた方なら、ポケモン考案は順調に進められますが、バトルは好きだけどなかなかパーティが決められない方もいらっしゃると思います。

 

サンプルとして、パーティを紹介しておきます。

 

ただし、誰にでも扱いやすいパーティにしていますから、誰でも予測できて対策しやすいので注意してください。

 

揃えやすくするため、全て野生のポケモンに限定します。

 

ライチュウ

性格 おくびょう

特性 ひらいしん

持ち物 いのちのたま

 10まんボルト わるだくみ アンコール 氷めざめるパワーorくさむすび

ギャラドス

性格 ようき

特性 いかく

持ち物 ゴツゴツメット

 たきのぼり じしん でんじは りゅうのまい

ゲンガー

性格 おくびょう

特性 ふゆう

持ち物 きあいのタスキ

 ヘドロばくだん シャドーボール みちづれ ちょうはつ

フシギバナ

性格 ひかえめ

特性 ようりょくそ

持ち物 オボンのみ

 ヘドロばくだん ギガドレイン こうごうせい ねむりごな

バンギラス

性格 いじっぱり

特性 すなおこし

持ち物 ラムのみ

 ストーンエッジ かみくだく れいとうパンチ ばかぢから

メタモン

性格 なんでもよい

特性 かわりもの

持ち物 こだわりスカーフ

 へんしん

 

運用方法

『ギャラドス』に『でんき』技が来そうな場合、『ライチュウ』に交換して『ひらいしん』で『とくこう』をあげます。

 

『ドーブル』が相手てもちにいる場合、『フシギバナ』を初手で出します。

 

『ラッキー』『ハピネス』『ピクシー』『エアームド』が来たら『ゲンガー』か『ライチュウ』で対応できます。

 

『ゲンガー』と『フシギバナ』は『どく』なので、『エスパー』技が来そうな場合、『バンギラス』に交換して無効にします。

 

『バンギラス』は『かくとう』に弱いので、『ゲンガー』に交換すれば無効にしてくれます。

 

相手てもちが天候パーティの場合、『バンギラス』を投入します。

 

相手が技を使って強化していくポケモンを入れている場合、『メタモン』でコピーしてしまいましょう。

 

スポンサーリンク